●寝る時間にパパが帰ってくるので夜寝るのが遅くなるのですが、親子の時間は大切ですよね?

 

こんにちは。乳幼児専門の造形あそび教室ぐちゃラボの会田です。

今日はこんな質問をいただいたので、返信します^^

 

それは

 

 

『寝る時間にパパが帰ってくるので夜寝るのが遅くなるのですが、親子の時間は大切ですよね?』というもの。

 

 

子どもが寝ようとしている時間の大体20時前後に帰ってくるパパも多いと思います。

たしかに親子の時間は大切です。

 

でも!!!

 

乳幼児期は、子どもの身体づくりを優先させてください。

 

 

早寝をするということは、翌日元気よく遊べる(体力向上)、すっきりとしている(精神の安定)などただ単に「寝る」以上の様々な効果があります。

 

子どもの早寝は、優先事項としてかなり高くしていただきたいところ。

 

 

 

じゃあパパとの時間は?というと・・・

「朝」です。

 

朝、パパと一緒にあさごはんを食べたりして、朝の時間を充実させましょう。

 

じゃあパパが帰ってくる時間と寝る時間がかぶっていたらどうする?というと

 

方法は2つ。

 

1.お子さんの寝る時間をもっともっと早くする。

例えば、いま20時就寝で、パパの帰りも20時でしたら、18時半くらいに寝かしつけしてみてはどうでしょう?

 

2.パパにダッシュで寝る体勢になってもらう。

パパに夕飯をあきらめてもらって(子どもが寝るまで我慢してもらって)、一緒に寝る体勢になってもらいましょう。

 

寝る時間なのに、パパと一緒に遊んじゃう!(興奮状態)は避けたいところ。

 

 

親子の時間は大切です。これは間違いありません!

でも、親子の時間は「量」より「質」です。

 

子どもが眠い時に、一緒に遊ぶのではなく

子どもがすっきり元気な朝に、時間は短くてもしっかり話したり、遊んだりしたいですね^^

 

 

【関連記事】

子どもの睡眠負債を解消しよう!

 

風邪をひかない健康で丈夫な身体をつくるために3歳までにできること

 

 

 

 

 

 

【子育てのヒントも届く!ぐちゃラボがちょっとでも気になったらまずはぐちゃラボメルマガに登録!】

WRITER

 会田夏帆(あいだなつほ)
 会田夏帆(あいだなつほ)乳幼児あそび教育専門家
乳幼児の「あそびで育てる子育て」をサポートしています乳幼児あそび教育専門家の会田夏帆(あいだなつほ)です。
乳幼児対象のぐちゃぐちゃ遊びの親子・幼児教室を2016年5月横浜市で開講。
毎月130組の乳幼児と保護者が集まる親子教室講師として、親子教室・保育士などのためにママと小さい子どもの信頼関係をつくる講師養成講座も開講中。
ほかにもママ向けに子育てセミナー(親子の遊び方講座・外遊び講座・絵本講座・イヤイヤ期講座・褒め方叱り方講座)を全国で行っています。