●実はみんな間違ってる!!スパウト・ストロー・コップの使用時期。子どもの口の発達からみる正しい順番はこれだ!

 

こんにちは。ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室 ぐちゃラボの会田です

Aさん
あいさん、うちの子、なかなかストローでお水が飲めないんです
あいさん
ストローですか?Yちゃん、コップでは飲めますか?
Aさん
え??コップではまだ飲ませたことないです。普段はスパウトを使ってます。


Aさん
生後5か月からと書かれていたので、こういうのを使ってるんですが・・・

あいさん
実は、コップより先にストローやスパウトで水を飲ませていると、口の発達が遅れると言われています。詳しくお伝えしますね。

 

親にとってはラクなスパウトやストローで、口の発達が遅れる?!

 

 

赤ちゃんは「飲み方」が異なります。

生まれてすぐ~生後6か月のころは、鼻で息をしながら、反射的に与えられた飲み物を吸って飲んでいます。

生後6か月ころになってくると、飲み物を飲むときに、鼻は息を止めることができるようになります。

これは、飲み物を「自分でコントロールして」飲めるようになったということです。

この時期に、スパウトやストローつきのマグカップで、水を飲ませると「反射的に」飲むということが続いてしまうので、口の発達に良い影響を与えないんです

 

あいさん

Aさんは水を飲むとき鼻で息をしてますか?

Aさん
んーーーー????(ゴクッ)

あ!!とめてますね

 

あいさん
そうなんです。この「飲み込むときに、息をとめる」ということができるようになるのが、生後6か月頃になります。

今まで「反射的に」飲み物を飲んでいたのが、「自分でコントロールして」飲めるようになってくるということです。

口の発達の段階にあわせた方法をお伝えしますね。

 

 

スプーンで少しずつ飲む練習をはじめる

 

生後6か月ころ、お座りができるようになってきて、離乳食もはじまるころ離乳食と同じように、スプーンで水分を与えてみてください。

最初は、ごはんと同じように口の中にスプーンを入れてあげます。

それで飲み込めるようになったら、口の先につけて、スプーンを傾けると、水が口の中に入ります。

 

親がスプーンを少し傾けて口に入れていると、子ども自身が「自分ですすって」飲むようになります。

 

⓵親がスプーンですくった水分を子どもの口の中に入れて、子どもが飲みこむ。

②親がスプーンですくった水分を唇にあてて少し傾けて、水分を子どもの口の中に入れ、子どもが飲みこむ。

③親がスプーンですくった水分を唇にあてる。子どもが自らすする。

Aさん
え!自分ですすれるようになるんですか?

 

あいさん

なりますよ^^

「すする」ようになってほしいので、子どもの顔が上に向くのではなく、斜め下を見ている状態でスプーンを口にあててあげてくださいね。

上を向いてるうちは、「すする」のではなく、「流し込み」の状態なので。

 

スプーンの次はレンゲに移行

 

スプーンですすることができるようになったら、レンゲに移行します。

レンゲを使うと、もっと多くの水分を入れることができます。

レンゲでもすすって飲んで、さらに残った部分は少し大人がレンゲを傾けてあげます。

レンゲでも飲めるようになったら、連続で飲むということができるようになったということです。

 

Aさん
たしかに!そうしたらコップでも飲めますね

 

あいさん

はい。次はいよいよコップに移行できます。

 

 

コップ飲みの練習をしよう

連続ですすることができるようになったら、コップで飲む練習をします。

コップは持ち手がついている子ども用のコップを使用しましょう。

最初は、親が飲むときに少しコップを支えてあげます。

その時に、こぼさないように水を少なめに入れる親が多いですが、水は多く入れてあげた方が子どもは飲みやすいので、最初は水を多めに入れてあげます。

 

Aさん
最初に水を多めに入れるんですか?1人で飲めるようになったらではなく?

 

あいさん

はい。どうしても最初は「水を飲む」という動作とともに「手を適切な角度に傾ける」のが難しいんです。

水が少ないと傾ける角度が大きくなり、水が顔にかかってしまったりします。

ですので、最初はコップから水を「すする」ことからはじめます。

こぼしやすいので最初は、一緒にコップを持ってあげたりしてくださいね。

 

 

 

コップで飲めるようになったらストローへ

コップですすり飲みができるようになったら(一人でコップで飲めなくてもOK)

口が適切に発達しているということ。

そうしたら、ストローも利用して大丈夫!

 

子どもの吸う力にあわせてストローの太さや長さを調節できるとより良いですね。

おうちでしたら、大人が使うようなストローは長すぎますので少し切って利用します。

吸う力が弱いときは、細くて短いストローを利用しましょう。

 

 

Aさん
ストローをガジガジ噛んじゃうんですが・・・

 

あいさん
そんなときは、噛んで遊ぶ歯固めで十分遊んでからストローで飲んでみましょう^^

 

 

口で遊ぶおもちゃを使って、口の発達を促そう

 

 

ラッパや笛、しゃぼんだまなどで遊ぶと口唇の発達を促すことができます。

ほかにも、お風呂で口までつけて「ぶくぶくー」と息を出してみるなども有効ですよ^^

 

 

あいさん
お風呂でしたらこぼしても大丈夫だと思いますので、コップで飲む練習をするのがお風呂場で、というのもいいですね^^

 

Aさん
お風呂場で練習いいですね!やってみます!!

 

あれ?そういえば、スパウトは使わないんですか?

あいさん
スパウトは、上を向いて飲みますのでいつまでも「流し込み」になってしまうので使うことをオススメしません。

同じようにペットボトルから直接飲むのも小さいうちはオススメしてません。

Aさん
そうなんですね!!スパウトは生後5か月~と書かれて売ってるから、使わないといけなないものなんだと・・・・!!

 

あいさん

残念ながら、「売られているもの=赤ちゃんの発達に良いモノ」ではありません。

今は、親の利便性を重視したものが多く売られています。

もちろん便利なことは、良い面がたくさんあります。

でも、便利だからとすぐに飛びつくのではなく

「これは私にとっては便利だけど子どもの発達にとってはどうなのかな?」と買う前に一歩立ち止まって考えることも必要な時代でもあるといえます。

これはどうなの?と思ったら、また相談してくださいね^^

 

先に、スパウトやストローを与えてしまうと、コップで上手に飲めるようになる時期が遅くなってしまうことが多いです。

子どもの発達にあわせた順番で与えてあげてくださいね。

 

【あわせてこちらもお読みくださいね】

0-3歳のための熱中症対策/熱中症になったら?真夏の外遊びはどうしたらいいの?にお答えします 

風邪をひきにくい健康で丈夫な身体をつくるために3歳までに親ができること

 

 

【子育てのヒントも届く!ぐちゃラボがちょっとでも気になったらまずはぐちゃラボメルマガに登録!】

WRITER

 会田夏帆(あいだなつほ)
 会田夏帆(あいだなつほ)乳幼児あそび教育専門家
乳幼児の「あそびで育てる子育て」をサポートしています乳幼児あそび教育専門家の会田夏帆(あいだなつほ)です。
乳幼児対象のぐちゃぐちゃ遊びの親子・幼児教室を2016年5月横浜市で開講。
毎月130組の乳幼児と保護者が集まる親子教室講師として、親子教室・保育士などのためにママと小さい子どもの信頼関係をつくる講師養成講座も開講中。
ほかにもママ向けに子育てセミナー(親子の遊び方講座・外遊び講座・絵本講座・イヤイヤ期講座・褒め方叱り方講座)を全国で行っています。