●子どもが幸せに生きていくために知っておきたいほめ方・叱り方③『子どものほめるポイントの見つけ方・考え方』

こんにちは。会田夏帆です。

本日は、『子どもが幸せに生きていくために知っておきたいほめ方・叱り方③『子どものほめるポイントの3つの見つけ方・考え方』』をお伝えします。

先に、前回までの記事をお読みくださいね。

子どもが幸せに生きていくために知っておきたいほめ方・叱り方

親の願いはなんですか?

幸せに生きる土台を作る方法

 

今日のテーマは『子どものほめるポイントの見つけ方・考え方』

多いのがこんな声。

子どもを褒めるポイントが見つかりません!!今日も~~して、こんなことして、あんなことをして~~~もう!!!!!怒ってばっかりに(T-T)」

 

というわけで、今日は子どものほめポイントを見つける方法をお伝えします。

子どもへの期待が高すぎます

 

よく思い出してほしいのですが、あなたは、独身のとき

・1歳の子がどんなことができると思ってました?

・2歳の子は?

・3歳の子は?

 

私は、3歳の子なんて

全然話しも通じない宇宙人みたいだーーー!!

と思ってました。(失礼)

 

ですが、自分で子どもを育てるとどうでしょう?

ゼロ歳のときから見ていると、あら不思議。

3歳なんてとっても大きいお兄ちゃん・お姉ちゃん。

こんなに話しも通じて、いろんなことができるなんて!!

 

私に限らず、ほとんどの方がそうです。

1歳、2歳、3歳に対して、期待値が高すぎるんです。

 

「もう××歳なんだから」をやめましょう。

「まだ××歳なのに」です。

 

それだけでいろんなほめポイントが見つかりますよ♪

 

まだ1歳なんだから泣いてて当たり前。

もう笑っただけで「今日はご機嫌だね♪」と褒めることができます^^

 

まだ2歳なんだから静かにできなくて当たり前。

ちょっと椅子に座っただけで「あら、助かるわ♪」

 

まだ3歳なんだからお話しも上手にできてなくて当たり前。

「ママ、これやってほしいの」と言えたら、「よく言えたね♪」

 

 

ほら、いろんなところを褒められそうじゃないですか?^^

 

 

ほめポイントで、必ず褒める。

とても多いですが、やらなかったとき・いたずらしたときは叱るけど、それ以外で褒めないという方です。

 

 

例えば、料理中、静かに積み木をして待っていた時は、特になにも言わないけど

積み木をテレビに向かって投げた!!

そんなときだけ「こらーーーー!!!!」とママがやってくる。

 

そんなことを繰り返していたら、どうなるでしょう?

ママはいたずらした方が、僕のこと構ってくれるぞ!

と認識します。

 

積み木で静かに待っていてくれたのでしたら

「ありがとう!助かったわ」

と、声をかけたいですね^^

 

他の子と比べない。その子の良さを見つけよう

他の子と比べて〇〇ができない

 

という面は、たくさんあると思います。

 

なぜなら、1人の人間が、あらゆる場面で全人類に勝てるわけないですから^^;

 

他の子と比べていたら、

・Aちゃんに比べて、なんだか言葉が遅いみたい。

・Bくんに比べて、足が遅いかも

・Cちゃんはもう文字が書けるのに、うちの子は・・・

・Dくんは、逆上がりができるのに、うちの子は・・・

 

キリがありません!!!!!!

 

そうやって「できない」に目をむけたら、キリがないんです。

 

お子さんだからこその良いところはどこですか?

目に見えないところも見てあげてください。

 

例えば、

お友だちに優しい。

集中力がある。

好奇心旺盛。

なんでもいいんです。

 

そのお子さんならではの良いところを見つけて、そこをほめていってください♪

他の子と比べる必要は全くないんですよ。

 

みんなそれぞれに良いところがあって、みんなそれぞれに苦手なことがあります。

 

だから人は、支え合って生きていってるんです^^

苦手なことがあっていいんですよ♪

 

たくさんお子さんのほめポイントがあるはず!!

 

ママ・パパだからこそ見つけられるほめポイントをたくさん見つけて、たくさんほめて育ててくださいね♪

 

明日は『子どもを叱る前に親がやっておくべき3つのこと』です。

 

 

 

【子育てのヒントも届く!ぐちゃラボがちょっとでも気になったらまずはぐちゃラボメルマガに登録!】

WRITER

 会田夏帆(あいだなつほ)
 会田夏帆(あいだなつほ)乳幼児あそび教育専門家
乳幼児の「あそびで育てる子育て」をサポートしています乳幼児あそび教育専門家の会田夏帆(あいだなつほ)です。
乳幼児対象のぐちゃぐちゃ遊びの親子・幼児教室を2016年5月横浜市で開講。
毎月130組の乳幼児と保護者が集まる親子教室講師として、親子教室・保育士などのためにママと小さい子どもの信頼関係をつくる講師養成講座も開講中。
ほかにもママ向けに子育てセミナー(親子の遊び方講座・外遊び講座・絵本講座・イヤイヤ期講座・褒め方叱り方講座)を全国で行っています。