●汚れる遊びが苦手。どうしたらいいの?おうちでできる触覚を育てる方法もご紹介

 

こんにちは。ぐちゃラボの会田です。

意外かもしれませんが、ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室には「汚れる遊びが苦手」というお子さんがたくさんいらっしゃいます。

 

この子も

 

この子も

 

この子も

 

この子も

 

実は、みーーーーーーんな

 

「ぐちゃぐちゃ遊びが苦手」だった子たちです。

 

幼児期に育てたいものの1つに『五感』があります。

五感は、視覚・聴覚・嗅覚・味覚、そして触覚。

 

その中でも特に『触覚』は、1番はやく発達する感覚と言われていて、乳幼児期に最も育てたい感覚です。

でも、

汚れる遊びが苦手というのは、触覚からの刺激が乏しくなりがちということでもあります。

 

とはいえ、無理やりやらせたらよいわけでは決してありません。

 

無理にやらせるということは、より苦手になるということに直結します。

 

ぐちゃラボでは今までこんな感想をいただいてます。

ここにヒントが隠されていますよー^^

一番最初、親子クラスの体験に伺うまでは、子どもってみんな絵の具まみれになるものだと思ってました^^;

でも、長男は絵の具に全く触ろうとしない⁈、はりきって着替え持って行っても服も汚れない⁈、私が絵の具に触ったりするのを見て楽しそうにはしているものの、ぐちゃぐちゃ遊びにとても慎重な様子でした。

回数を重ねて徐々に絵の具にも慣れてきた様子が見られたものの、2年目になっても絵の具が自分の手や足に付くのは苦手そうで、ローラーやスポンジで絵の具を塗って楽しんでました。

このまま絵の具まみれになることはないかな〜と思っていたんですが、2年目の今年度も後半になってから、手に絵の具が付くのも平気になり、自ら絵の具皿に手を入れて遊べるようになり、着替えも大活躍!(笑)

最終日には足まで絵の具皿に入れていたのには驚きました。

子どもって急激に成長するんですね!

私がゆっくりペースの長男を見守っていられたのも毎回 長男の小さな成長、できたことを見つけて褒めてくれたあいさんのおかげです。

ありがとうございました♡

 

 

こんばんは。今年度1年、ぐちゃlabの教室で息子・娘共にお世話になりました!

息子は、”手がよごれる”ことがいやで、
なかなか参加できずにいたこともありましたが、
私もびっくりするぐらいダイナミックな遊びができるようになりました。

そして、あいさんのことや、教室のことがとても好きなようで、
♪まーるいたまご♪の歌を歌いながら、
絵本の読み聞かせをするみたいに、わたしと娘に絵本を読んでくれたりします。

娘は兄の姿をみてかはじめから躊躇せず(?)
ぐいぐいと遊びに引き込まれていて、
本当にぐちゃぐちゃ遊びを楽しんでいました。
本文

 

 

一年間ありがとうございました。

初めての日は、もっとグイグイ系(言い方悪くてすみません、、、)の先生かなと思っていたのですが、正反対でビックリしました。

とても落ち着いておられ、子供たちへの対応も優しく、ステキな先生だなと感じました。

何よりもあいさんが作っておられる空間(雰囲気)がとても心地よかったです。

子供たちも急かされることなく、自分たちのペースでぐちゃぐちゃ遊びに触れ、自ら楽しむ姿はとても新鮮でした。

娘は初めての環境で、娘のペースでとても楽しんで経験できたと思います。

教室ではきゃっきゃっはしゃぐタイプではなかったのですが、帰宅後はお姉ちゃんに「ぐちゃらぼいったよー、たのしかった」と言っていたり、始まりの歌を歌い出したり、、、最終日の今日大好きなピンク色の絵の具でペタペタしたことを、絵本の中のピンクを指差して「今日ぐちゃらぼでやったね、ピンク」といっておりました。

 

 

ぐちゃラボでは、こんな感想をいただいてますが

なかなかぐちゃぐちゃ遊びはできないよーーーという方に!

 

おうちでできる触覚を育てる方法があります。

 

そちらを紹介しているのが、10年以上乳幼児に関わってきている親子造形教室の先生のブログです。

 

https://ameblo.jp/pippinoriko/entry-12510144282.html

 

ぜひこちらも読んでみてくださいねー^^

 

 

 

 

日本乳幼児遊び教育協会(ぐちゃぐちゃ遊び考案者)代表 会田夏帆の公式LINE

最新情報はこちらに届きます。
登録してもこちらには通知されずどなたか登録したかわかりませんので
お気軽にご登録くださいね。

友だち追加

http://nav.cx/cerFXsC



WRITER

 会田夏帆(あいだなつほ)
 会田夏帆(あいだなつほ)乳幼児教育専門家
日本乳幼児遊び教育協会 代表
ぐちゃぐちゃ遊び 考案

発達心理学・幼児教育に基づき造形遊びを軸とした『ぐちゃぐちゃ遊び』考案し、横浜市でぐちゃぐちゃ遊びの親子教室を開講。
年間1500組の親子が集まり、入会まで1年待ちの人気教室に成長。
実績を生かして、子どもの創造力や挑戦心を伸ばすぐちゃぐちゃ遊びを日本全国に広めている。また、親子教室・保育士などのためにママと小さい子どもの信頼関係のつくり方講座やママ向けに子育てセミナー(親子の遊び方講座・外遊び講座・絵本講座・イヤイヤ期講座・褒め方叱り方講座)を全国で行っている。