●「優越感」と「自信」は違う。子どもにもってほしいのは、どっち?

こんにちは、乳幼児専門の造形あそび教室の会田です。

子どもには、自信を持って、自分の人生を歩んでほしいですね。

だから・・・

「他の子に負けないように」いろんなことをさせてませんか?

例えば、小学生になったときに他の子よりも一歩先に行くために、文字を書けるようにしたり、

小学生になったとき、他の子に負けないように、鉄棒の特訓をしてみたり。

でもね、それで得られるのは「優越感」であって「自信」じゃありません。

「他の人」と比べて、出てくるのは優越感です。

では、自信はどこからつくのでしょう?

言葉の通り「自分を信じたとき」に自信がつくんです。

他人と比べて、何かができるとかできないとかではなく

 

自分で「自分はできる」「前はできなかったけど、今日はできた!次もきっとできる!」

そうやって自分のことを信じること。

 

 

 

他人と比べる目線や言動で、子どもと接していませんか?

子どもがかけっこで1番が良くて、ビリだとダメでしょうか?

1番でも、自分に自信がない子はたくさんいます。

ビリでも、自分に自信がある子もたくさんいます。

それは「他人と比べるかどうか」です。

そもそも1番の子が、ずっと1番でいることは難しいですね。

だって、そのクラスで1番でも、全校生徒では?

神奈川県では?日本では?世界では?

世界で1番の人だって勝ったり負けたりします。

ほとんどの人間は、どこかで負けます。

誰かと勝ち負け「だけ」、比べるだけで生きていくと、優越感は、あっという間に劣等感に変わります。

自信はつきません。

しかし、自信がある子。

つまり、自分が基準の子は、勝ち負けでは揺るぎません。

常に自分自身との勝負です。

自信を持っている子どもは、とても強いです。

お子さんには自信を持って、人生を歩んでほしいですね。

 

そのためにもまず親が、お子さんを他人と比べず、そのままのあなたで良いんだよ、と伝えていってあげてくださいね。

 

 

【関連記事】

楽しい!の感度は人によって異なります。乳幼児期から楽しむクセを!

子どもが素敵な作品を作ることよりも、もっともっと大切な事

風邪をひきにくい健康で丈夫な身体をつくるために3歳までに親ができること

【子育てのヒントも届く!ぐちゃラボがちょっとでも気になったらまずはぐちゃラボメルマガに登録!】