●【1】子どもを本好きにするために、親が今すぐ始めたい3つのこと(絵本の選び方・読み方)

こんにちは。乳幼児専門の造形あそび教室 創造力と挑戦する心が育つぐちゃぐちゃ ぐちゃラボの会田です。

5回にわけて『本好きな子が育つ 絵本の選び方・読み方』をお伝えします。

初回のテーマはこちら。

「子どもを本好きにするために、親が今すぐ始めたい3つのこと」

子どもを本好きにするためには、親がやらないといけないことがあります。

 

1つ目:子どもの「読んで」に応える絵本の読み聞かせ

とにかく、子どもを本好きにしたい!!と思ったら、小さなころからママ・パパが絵本の読み聞かせをたっぷりしてあげること。

これが1番確実な方法です。

絵本の読み聞かせが子どもにとって、うれしいもの、楽しいもの、幸せなものとなっていることが、子どもの本好きな道へつながる第一歩。

子どもが「読んで」と言ったら、ママパパがにっこり笑ってそれにこたえる。

それって、とーーーーーっても幸せなことですよね♪

まずは、絵本の読み聞かせをたくさんしてあげてくださいね^^

2つ目:絵本はいつでも手にとれるところに。


(我が家の本棚はカウンターキッチンの下。ごちゃごちゃしてますが^^;)

絵本の読み聞かせも大切なのですが、もう1つのポイントとして、自由に手にとれるとこに絵本を置いてあげることも、親ができることの1つ。

絵本がいつでも手にとれると、本というものが身近に感じることができます。

それによって日常生活に本が取り込まれていきます。

絵本、破られたら困るから~と、ついつい手の届かないところに置いてませんか??

絵本はいつでも子どもたちが自由に見れるようにしておきましょうね♪

(これについては、メルマガで詳細お伝えします!)

3つ目:親が本を読む

本好きにしたいと思ったら、親が本を読んでいる姿を見せることです。

親が本を読む習慣がないと、子どもも本を読む習慣が身につきません。

子どものためではなく、自分自身のために本を読む時間を作ってみましょう。

それを見て育ったお子さんは、

ママが楽しそうに本を読んでる→僕(私)も本を読んでみたい!!

に繋がっていきます。

絵本の読み聞かせ以外にも、ぜひご自身の本も読む時間を作ってみてくださいね^^

 

【2】絵本の読み方知っていますか?効果的な絵本の読み聞かせ5つの方法 へ続く

 

 

 

【子育てのヒントも届く!ぐちゃラボがちょっとでも気になったらまずはぐちゃラボメルマガに登録!】

WRITER

 会田夏帆(あいだなつほ)
 会田夏帆(あいだなつほ)乳幼児あそび教育専門家
乳幼児の「あそびで育てる子育て」をサポートしています乳幼児あそび教育専門家の会田夏帆(あいだなつほ)です。
乳幼児対象のぐちゃぐちゃ遊びの親子・幼児教室を2016年5月横浜市で開講。
毎月130組の乳幼児と保護者が集まる親子教室講師として、親子教室・保育士などのためにママと小さい子どもの信頼関係をつくる講師養成講座も開講中。
ほかにもママ向けに子育てセミナー(親子の遊び方講座・外遊び講座・絵本講座・イヤイヤ期講座・褒め方叱り方講座)を全国で行っています。