日本乳幼児遊び教育協会では、『乳幼児教育』と『遊び』に絵の具や粉をダイナミックに使った『アート』を融合した日本初の乳幼児専門アート教育『ぐちゃぐちゃ遊び』を行う教室やイベントを行い、子どもの好奇心・探究心・意欲や挑戦心をぐんぐん伸ばしています。

【1日で理論を学び体験する】ママも子どももハマる秘密がわかる!ぐちゃぐちゃ遊び基礎講座

  • HOME »
  • 【1日で理論を学び体験する】ママも子どももハマる秘密がわかる!ぐちゃぐちゃ遊び基礎講座

●【1日で理論を学び体験する】ママも子どももハマる秘密がわかる!ぐちゃぐちゃ遊び基礎講座

 

こちらの講座はこのように思ったことがある方が対象になります。

☑ ぐちゃぐちゃ遊び講師になりたい!(こちらの講座を受講後、認定講座にお進みください)

☑ ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室に通っている/通っていた。もっと詳しく理論や効果について学びたい!

☑ おうちで我が子にぐちゃぐちゃ遊びをやらせてみたいので、どんな効果があるか学びたい

☑ ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室のママと子どもの笑顔が最高!でもうちの子はもう小学生。実際に通えないけどどんなものか体験してみたーい!

 

1日でぐちゃぐちゃ遊びの理論を学び、実際に体験してみる講座となってます。

 

ぐちゃぐちゃ遊びというのは

 

・絵の具を使うフィンガーペインティングやボディペインティング

色を混ぜ合わせたり、微妙な色合い・濃淡を作り出し、多彩な色に触れ色彩感覚を養うことができます。ダイナミックな絵を描くことは、子ども特有の大胆な発想力を存分に発揮し、想像力・自主性・意欲を育てます。

・粉を手で、足で触り、フワフワの感触と水を入れたあとのベタベタの感触の違いを確かめる遊び


粉のふわふわ・べたべたの感触を直接手足で触れることで脳を刺激しながら感性を育てます。また、小麦粉に自ら水を加えることで形状変化への不思議を感じながら、探究心・好奇心を養います。

・新聞紙を両手で抱えきれないほど破って投げるあそび

「破る」「投げる」という行為は、指・手・腕を使う脳も体も刺激できる遊びです。

素材や力の入れ具合によって破れ方や投げ方が異なるため、集中力・工夫する力・自ら考える力が養われます。

 

というものを言います。

基礎講座ではこの基本となる3種類のぐちゃぐちゃ遊びのミニ体験を行い、ママも子どもも夢中になる秘密についてお話しします。

 

自分の教室でぐちゃぐちゃ遊びに似た遊びをしたことがあるんですが、ママたちが全然参加してくれなかった…

子どもたちが絵の具に触れず拒否!!泣いたまま終わって大後悔。

なんでぐちゃぐちゃ遊びの親子教室の生徒さんたちはあんなに楽しそうなの?

 

などの質問がいままで届いてます。

それにはこの秘密が関係しています^^

 

ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室の生徒さんからの感想からその秘密の一部がわかりますので、紹介しますね^^

ーはじめてぐちゃぐちゃ遊びに参加された方からのご感想ー

息子があんなに黄色まみれになれるなんてビックリでした!

普段から月1くらいで近所で開催のアトリエ(工作教室的な所)へ通っているのですが、そこでも指絵の具で自由にお絵描きコーナーがあって、でも、息子は全然やりたがったことがなかったんです!

やれても筆でとか、ママがやってとか…とにかく手や足に絵の具が付くのも嫌で。

それなのに今日は出来た!

何が違うのかな〜と考えてみたのですが、いつものアトリエはただ紙が敷いてあって紙皿に絵の具が出てて、はい自由にどうぞ〜って感じなのです。

自由に〜でどんどん楽しく始められる子ももちろんいると思いますが、息子は?何をどうすれば?だったのかもしれません。

今日は導入の絵本から入ってボール遊び、そしてボールをカラフルにしてみようっていう取り組むべき課題が提示されたことによって息子的には気付いたら絵の具まみれ!ってことだったのだと思います。

そういう考え尽くされた行程が凄いな!皆さんが他にはない教室と言われる意味が分かりました!

メルマガやブログは拝見していましたが、参加してみると全然違いました!

ローラーも絞ったらどこから絵の具が出てくるのが等、息子ならではの研究をしていて、ズボンまで絵の具でビッチョリでしたが、それを気にすることなく夢中になっていて…母は感激でした(T-T)

 

そうなんです。

ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室には、ただ絵の具を出して「どうぞ!」「やってごらん」ではなく

子どももママも楽しむための考えつくされたプログラムがあります。

こちらの講座ではそのプログラムを3つ(絵の具・粉・新聞紙から1つずつ)ご紹介しますね。

 

 

当日は朝9時半に開始します。

まず、ぐちゃぐちゃ遊びミニ体験を行います。

必ず汚れて良い服装でお越しくださいね。

絵の具遊び

粉遊び

新聞紙遊び

 

このミニ体験にはこんな声をいただいてます。

 

この、ぐちゃラボの造形遊び。

「なんて!よく考えられているんだ!」 と唸っています。

若いころから、こどもの美術教育に関わってきて、15年以上。

「えー!こんなふうに、すれば良かったのか!」

「なんと!いうアイディア!」

「楽しすぎる!」

あいさん!(ぐちゃラボの会田夏帆さんのあだ名) まだまだ、学ばせてください!

楽しくて仕方ありません。

(京都府 こども造形美術教室アトリエベッポ ブログ;これは絶対に良い!と、思って飛び付いて勉強しています!から引用)

体験をしていただいた後は、理論について学びます。

 

 

 

 ・ぐちゃぐちゃ遊びとは?
・ぐちゃぐちゃ遊びの基本理念
・ぐちゃぐちゃ遊びの効果とは?
・ぐちゃぐちゃ遊びの基礎となる考え方
・子どもの行動指針
・子どもへの関わり方

などを学ぶことができます。

ご参加いただいた方からはこんなご感想をいただいています。

あいさん、こんばんは。

ぐちゃぐちゃ遊び講座ありがとうございました(^^)

私ぐちゃぐちゃ遊び、とても感激しました。

絵本から導入して新聞遊びで展開して最後また絵本で締める流れ、まずとてもわかりやすく1連の流れがあることに驚きました。

ただ新聞を破って遊ぶだけなのかな?と思っていたものの、ストーリー性があってわかりやすく絵本の世界に入ったように大人の私でもほんっとはしゃいで子どもに戻った気分で楽しみました!!

えのぐ遊びでも同じようにストーリー性があり、次は何があるのかな?と終始ワクワクしていました。

粉遊びはほんと魔法です!!

わたし講師になったら、魔法使いになれちゃうなって思いました。笑

粉も身近にあるものでよく使っているにもかかわらず、あんなに楽しくずっと遊んでいられるものだったのかと驚きました。

もうこの講座は驚きの連続でした!笑

最後の講座ではぐちゃぐちゃ遊びについて詳しく知ることができ、あれはこういうことでやっていたのかと納得して終えることができました。

家に帰ってすぐ息子にやらせてあげたいと思い、すぐ帰って持ち帰った粘土で見せたらぐにゃぐにゃしたり押したりして遊んでもらいました。

最後にはパクパク食べてベーってしていましたが。笑 また違う日には他の遊びをやらせてあげたいです(^^)

ほんと有意義な1日を過ごせて、久しぶりにこんな頭と体を使ったなーと思い、ママになってから子どものことばかりで子育ての不安から情報収集、実戦、情報収集の繰り返しで全然自分に目を向けられてなかったのですが、この講座を自分のためにも学ぶことができて息抜きにもなりました。

ぐちゃぐちゃ遊びの達成感というか、体力消耗がすごくて、これを全力でやってる子供たちはほんとすごいなと改めてこどもの凄さを実感することもできました。

ぐちゃぐちゃ遊び最高ですね!

本当にありがとうございました(^^)

 

今回この基礎講座の情報を見てすぐに受講したいと思いました。

まず、ぐちゃぐちゃ遊びに隠された秘密が知りたい!というのが最初の決め手です。

受講してみて…

私、このプログラムの秘密にまんまとハメられています(笑)

初めて体験した時は、本当に魔法の◯◯だと思っていたし、通年で通わせている今も「今回の展開もすごかったー!最後のアレが!」と毎回主人に感動を報告しています。

こういうことだったのねと思いながら、内容を知らないのでまだまだ騙されそうです。

これからの展開も一層楽しみになりました。

そしてもう一つこの基礎講座で知りたかったのが、子どもへの関わり方です。

ぐちゃぐちゃ遊びのお約束の中での「親が積極的に楽しむ」

これが私の中での一番のネックでした。

今回、子どもがいない中での参加だったので、子どもの様子を気にすることもなく、ただひたすら自分が楽しめました。きっとこういうことだったのだと思います。

(中略)

今でもまだまだ周りから見れば汚れの度合いも少ないしダイナミックでもないけれど、全く何もやらなかった8ヶ月の頃、そしてその後のチャレンジクラスからの様子を知っているので、今ではほんの少しの進歩も楽しむ余裕ができてきて、見守る重要性も感じています。これも通っているからこそ分かることです。

ぐちゃぐちゃ遊びの時だけでなく日常の生活の中でも、こちらの都合でせっかくの集中を妨げる言動や、時には効率重視で急かしたりと、数十年生きている私より、まだたったの2歳半しか生きていない子どもの1分1秒の重みを考えたら、もしかしたら成長する機会を奪ってしまった?もったいないことしているかもと思いました。

ただのぐちゃぐちゃ遊び体験だけでは終わらない、子育てにも活かせる情報満載ですごく内容の濃い一日でした。

ありがとうございました!

(現在、ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室本店ぐちゃラボにお子さんと通っているRさんからのご感想)

 

本日はありがとうございました^ ^

今回、

▷ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室に通っている/通っていた。もっと詳しく理論や効果について学びたい!
▷おうちで我が子にぐちゃぐちゃ遊びをやらせてみたいので、どんな効果があるか学びたい

という記載を見て参加を決めさせていただきました。

あいさんの教室を通じて、子供への関わり方を学び、子育てって難しいけど楽しい、もっと楽しくするにはどう関わっていけばいいのか知りたい!と漠然と思っていました。

実践に加え、素晴らしい資料をもとに説明いただき、とても勉強になりました。

改めて子供の「やりたい」という気持ちをもっと尊重してあげたいなと感じました。

早速持ち帰った粘土を息子に見せたところ

2時間も遊びつづけ驚きました!

粘土にここまで集中するなら、家でもっとやらせてあげようと思いました。

環境作りは大切ですね!

久々に勉強の場に身を置き、楽しく有意義な時間をすごさせていただきました。

ありがとうございました。

(ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室本店ぐちゃラボにお子さんと通って卒園したAさんからのご感想)

 

実技は楽しいし、座学は大切なことを再確認でき、明日からもまた楽しみです!

(※翌日はプロフェッショナル親子教室講師養成講座初日)

導入の絵本だけでなく、遊びのあとの持っていきかた、終わりかた。

なるほどー、と唸りました(笑)

 

 

昨日は、待ちに待ったぐちゃぐちゃ遊び基礎講座

1日でぐちゃぐちゃ遊びの理論を学び、実際に体験してみました!!

いや~~、これが楽しい♪♪♪

大人が夢中で新聞紙をちぎる

かける!かけまくる!!

他にも、絵具遊びや粉遊びも!!!

ぐちゃぐちゃ遊びがすごいのは、

はい、材料ありますよ~

ご自由に遊んでくださいね~

ではないところ

子どもが遊びの世界に入り込みやすい導入

途中でアッと驚く仕掛け

最後の遊びのまとめ方、終わり方

全てが考えこまれているもの

思わず

「なるほど~。」

と唸ってしまいました!!

(中略)

やっぱり、この講座を受けに来てよかった♪
と思った。

私の直観間違ってなかった!

(『【私の夢】ぐちゃぐちゃ遊びの講師になります!』より一部引用)

みなさま、素敵なご感想ありがとうございます!!

あなたもママも子どももハマる秘密を学びに来ませんか?

子どもと接する方ならどなたでも得られる学びがありますよ^^

以下、詳細をお伝えします。

 

【【1日で理論を学び体験する】ママも子どももハマる秘密がわかる!ぐちゃぐちゃ遊び基礎講座】

今後の開催予定日程:

10月17日【満席】

11月28日【満席】

2020年3月5日

6月3日(予定)

 

時間:
9時30分~14時
(入室可能時間:9時15分~)
(約30分間のお昼休憩あり)

場所:センター南教室
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎南5-2-5 センタービレッジホワイト105

持ち物:
・タオル
・筆記用具
・昼食

注意事項:
・お子様連れ希望の方へ:1歳以上のお子様の場合、1名につき5000円頂戴します。講座3日前までにお振込みください。(材料の準備がありますので、講座3日以内の変更は受け付けられません)
託児などは一切ありませんし、普段の教室と異なり子どもへの安全上の配慮等をしておりませんので必ず目を離さずご自身の責任でお連れください。
また、講義の妨げとなる場合は退出をお願いすることがございます。その際も返金などは行いません。
・教室内に持ち込むものは全て絵の具などで汚れて良いものでお願いします。破損・汚損について責任は負いかねます。
・更衣室はありませんが、お手洗い前の手洗い場が個室となり、着替え可能です。譲り合ってご利用ください。
・教室で絵の具を完全に落とすことはできません。その後に予定がある方はご注意ください。(特に足を洗う場がありません。ご了承ください。)
・こちらの講座受講のみでは、ぐちゃぐちゃ遊び®講師として活動することはできません。

参加費
18000円

お申し込みはこちらから
https://pro.form-mailer.jp/fms/8ff12cc1166346

お気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Copyright © 日本乳幼児遊び教育協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.