ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室

科学とアートで遊びながら学びを楽しむ力を身につける AsobiSTEAMLab(アソビスティームラボ)

アソビスティームラボ

AsobiSTEAMLab

AsobiSTEAMとは

AsobiSTEAMでは、科学とアートを楽しみながら学ぶ力を身につける教室です。

STEAM教育とは、
Science(科学)
Technology(技術)
Engineering(工学・ものづくり)
Art(芸術・リベラルアーツ)
Mathematics(数学)
の5つの単語の頭文字を組み合わせたものです。

AsobiSTEAMはその名の通り「遊び」ながら「STEAM」教育を行うプログラム。

「科学実験だけ」でも「アートだけ」のようにそれぞれをバラバラに学ぶのではなく、
融合させて一緒のプログラムに入れることで
学びとは科目毎で分離しているものではなく、複合的要素がからみあっていることを実感し
世の中に興味を持ち、楽しむ工夫がなされています。

遊びと学びの架け橋 
〜0歳から小学校の低学年までの一貫性のあるプログラム〜

自分の過去を振り返ってみると 実験に出会ったのはもうすでに 大きくなった小学生の頃だったので
なんにも興味もなくただただ やらされて実験してました
なので、その点でも 小さい頃からの「不思議だな!」と 思う気持ちを大切に能動的に考えて楽しく遊ぶことで実験=楽しいという 脳のつくりになりそうです

理論や結果をしっかり教えるという のではなく、身の回りの不思議を 更に興味を持って自分から 考えたくなるように進めて くださるので
子どもたちの 興味関心の世界もどんどん広がって いくと思います&
まさに、こんな 教室待ってました!という 感じです
(AsobiSTEAMonline 受講生のご感想)

AsobiSTEAMでは、遊びと学びの架け橋となるプログラムを意識しています。

遊ぶことは学びであり、
学ぶためには遊びが大切です。

当協会では五感やからだの発達を促す乳幼児期である0〜3歳はぐちゃぐちゃ遊びを、
そこから思考する時期に入る幼児期・児童期である4〜8歳はAsobiSTEAMを行なっています。

ぐちゃぐちゃ遊びで行った内容を一部取り入れて、さらに科学的なプログラムと組み合わせることで
「この遊びにはこんな意味があったんだ!」と答え合わせにもなるようなプログラムです。

文部科学省も
「カリキュラムの一貫性や継続的な幼保小接続の取組は、子供たちの将来の教育的・社会的成功に好影響を与えると指摘」しています。

遊びは遊び、学びは学びと分断するのではなく
一貫したカリキュラムを行うことでたっぷり遊んだ子が、どのように学びにつなげていくのか?をフォローしていきます。

文部科学省 中央教育審議会 初等中等教育分科会幼児教育と小学校教育の架け橋特別委員会参考資料集 令和3年9月1日から引用

クラス別授業

3〜6歳のHOPクラスでは、子どもの身近にあるものや出来事への「なんで?」「どうして?」にアプローチするプログラムになっています。
例えば
・水の入ったバケツにおもちゃを入れたら浮かんだけど、石を入れたら沈んだのはなぜ?
・雨が降るのはなぜだろう?その雨の水は水溜りになったけど、次の日になったらなくなったのはなんで??

6〜9歳のSTEPクラスでは、身近な科学を体験・実験で学びながら、日々の不思議にアプローチしていきます。
例えば
・素材によって異なる滑る・滑らない どんな素材を使ったら良い?
・転がる形・転がらない形とは?
・空気で遊んで見えない力を感じてみよう 

また今後8〜10歳向けのJUMPクラスも開設予定です。

子どもには発達に応じた学び方があります。
早期に物事を教え込むのではなく、その年齢に応じた関わり方と内容で子どもの好奇心を引き出しながら、学びを深めていきます。

専門家監修のプログラムで子どもの「学ぶって楽しい!」を培います

テーマがいつも子どもが興味を持つもの、
それでいて親が教えるには難しかったり、つい勉強っぽくなってしまうものなので、
遊びの中で興味を引き出してくれるAsobiSTEAMはすごいなと毎回感激します。

本当に毎回息子の食いつきがすごい。
子どもの「見て見てー」という気持ちもいつも受け止めて声をかけてくださって、気持ちの面も満たされているんだと思います。

AsobiSTEAMLabでは、ぐちゃぐちゃ遊び考案者でもある日本乳幼児遊び教育協会代表の会田が「遊び」のプログラムを考えています。

それだけではなく、ぐちゃぐちゃ遊び認定講師の後藤ゆき先生(中学・高校 理科(物理) 教員免許保有)と、
東京工業大学卒業後、東京工業大学院で応用化学専攻し、10年以上日本最大手の製薬会社で研究員をつとめたA氏(小学生の子ども2名います)が監修をしています。

幼稚園教諭一種免許を持つ会田が子どもの発達に応じた遊びのプログラム、
さらにぐちゃぐちゃ遊びの親子教室を7年以上満席で開講し、全国に50教室に展開している実績から
より子どもが楽しめる遊びが学びになるアートと遊びの教育プログラムの土台を考え、

さらに「理系」のプログラムとして教員免許保有者と、
東京工業大学大学院から大手製薬会社で研究を続けていたA氏がプログラムを監修することで
遊んでいるにも関わらず「科学」「数学」などに触れられる子どもたちの「なぜ?」によりそった内容となっています。

また、教室のプログラムについて質問がございましたらいつでもお気軽に担当講師にお問い合わせください。
監修した後藤もしくはA氏から担当講師を通じて返答しております。

専門家に気軽に質問できるのもAsobiSTEAMだからこそ!

プログラムに関連する科学の知識を深める解説資料付き

そして、親向けに活動の意図に関する資料がラインで届きます。
子どもに対する親の姿勢って、子どもの在り方に大きく関わる!
だからこそ、そこをしっかりと丁寧に説明してくれているのが、すごく良かった🥺✨
終わった後も、学びを振り返って深める資料を頂けて、大満足💓

AsobiSTEAMでは、そのプログラムごとに解説資料をお渡ししています。

遊んだ!おもしろい!でおしまいにするのではなく、
また無理に教室の中で細かく説明をしていくのではなく、
あくまでも「遊び」を中心としながら教室では行い、保護者の方には教室のプログラムの意図なども含めた解説資料をお配りすることで
その後の学びにもつなげていきます。

ぜひこちらもご覧いただき、おうちでもお子さんの学びにお役立てください。

科学実験を行うだけの教室ではなく教科を横断的に学んでいく「STEAM教育」を大切にしています。

例えば、色のプログラムのあとには「目の仕組み」を掲載していたり、
ほかにも社会的な問題として「色の多様性」「色のジェンダーレス」についても記載しています。
磁石のプログラムのあとには、その磁石を実社会ではどのように生かしているのかの実例としてリニアモーターカーについて記載しています。

科学実験を科学実験だけで終えない。
一生涯学び続ける力を育てるための資料となっています。

インストラクターはスキルアップ研修

AsobiSTEAMインストラクターは定期的に研修会を開き、学びを深めています。

プログラム自体も専門家監修ですが、さらに学びを深めることを行い、生徒に真摯に向き合います。
安心してご参加ください。

遊びは学びが実感できるAsobiSTEAM

AsobiSTEAMは、ぐちゃぐちゃ遊びからつながる「遊び」を重視した子どもの発達に応じて行う教室です。
(※ぐちゃぐちゃ遊びの教室に参加していなくてもAsobiSTEAMに参加可能です)

「科学実験」ありきで、実験をただ行ったり、数多くの実験をして知識を詰め込むのではなく

まず「子ども」がいてその子ひとりひとりの興味関心を引き出し、遊びながら子どもが好奇心を思いっきり発揮できるような工夫がされています。

人生100年時代となり、学びは一生涯続くものとなりました。

人生の土台を築き、学び方を学ぶ時期に学びを「知識をつめこむもの」「つまらないもの」という認識になってほしくありません。

「なんでだろう?」「どうなるんだろう?」からはじまり、「おもしろい!」があって、はじめて「もっと学びたい」につながっていきます。

遊ぶことは学ぶこと。
学ぶためには遊びが必要。

AsobiSTEAMLabで実感していただければと思います。

詳しくは各教室にお問合せください

AsobiSTEAMLab 開講教室一覧

関東
現在、横浜本部のみ開講。
関西
受講費・日程
各教室によって異なります。直接教室にお問い合わせください。


お問い合わせContact

ご質問やご不明な点、講座のご依頼などは
こちらからお問い合わせください。

お問い合わせフォーム