●福島県川俣町子育てサポートプロジェクト第1回目 アートの力で親子に笑顔を!

8月22日

福島県川俣町で行われました

『川俣町子育てサポートプロジェクト』の第1回目に呼んでいただき、行ってきました!!

さて、今回のイベントは川俣町の子育てサークル「はらぺこクラブ」さんが参加されるイベントということで

 

「はらぺこクラブのお名前は『はらぺこあおむし』からきてるのかな?

 

じゃあテーマは『はらぺこあおむしで』!!」

となりました^^

 

 

では、早速当日のレポをお送りします。

 

最初はいつもの通り絵本の読み聞かせから。

 

みんな真剣!

はらぺこあおむしを作りますよー^^

 

絵の具を出して・・・

みんなの手でぺたぺた

どんどん手形で染まっていきます♪

初めての絵の具遊びにワクワクドキドキ♪

この表情!!!

あっと言う間に手も足も黄緑色♪

全身で絵の具を感じていい気持ち♪

背中に手形が!!

みんなの手形・足形も♪

全部緑色になって、完成~~~~!!

でも、これだけでは終わりません!!

中身を詰め込みます。

入れて入れて♪

最後に先ほどの手形をくっつけて・・・

さぁどうなったかな?

完成~~~~!!!!

 

最後に集合写真♪

 

この集合写真でも、はらぺこあおむしの方が大きい!!

 

大きすぎるはらぺこあおむしのできあがりです^^

今回イベントが行われたのは、福島県川俣町。

川俣町は、福島県第一原発から30kmほどのところにある山の谷間にある町です。

東日本大震災から6年半。

今でも、避難先などに行き家族が離れて暮らしているような状況が続いています。

子育ても、震災前は三世帯同居だったり、地域のコミュニティがありましたが、震災後はそのような環境がなくなってしまい、子育ての負担が増えているんです。

そんな中、子育てしている家族同士の繋がりをつくったりや地域のコミュニティの場を!ということではじまったのが「川俣町子育てサポートプロジェクト」です。

ぐちゃぐちゃ遊びの間、生後2か月の赤ちゃんを、地域の方が見守ってくださる場面も。

こちらのプロジェクトは、川俣町役場の皆さまと一般社団法人ベビードリームアートの森奈央理事長のもと進められました。

 

ベビードリームアート森奈央さんのブログはこちらから

アートをきっかけに親子みんなで集まる場所つくりを!

アートで笑顔になれるイベントを!

そんな思いで今回のプロジェクトは進み、第1弾に呼んでいただきました。

皆さん、本当にありがとうございました。

今回のアートでみなさんたくさんの笑顔を見られましたが・・・

これからも笑顔で子育てができますように。

 

そして、これからの集まるときのちょっとしたきっかけになりますように。

このイベントが子育て中の楽しかった思い出の1日になれば、とても嬉しいです♪

イベント出張や講座のご依頼を受け付けてます。ご希望の方は、こちらをご覧くださいね^^

日本乳幼児遊び教育協会(ぐちゃぐちゃ遊び考案者)代表 会田夏帆の公式LINE

最新情報はこちらに届きます。
登録してもこちらには通知されずどなたか登録したかわかりませんので
お気軽にご登録くださいね。

友だち追加

http://nav.cx/cerFXsC



WRITER

 会田夏帆(あいだなつほ)
 会田夏帆(あいだなつほ)乳幼児教育専門家
日本乳幼児遊び教育協会 代表
ぐちゃぐちゃ遊び 考案

発達心理学・幼児教育に基づき造形遊びを軸とした『ぐちゃぐちゃ遊び』考案し、横浜市でぐちゃぐちゃ遊びの親子教室を開講。
年間1500組の親子が集まり、入会まで1年待ちの人気教室に成長。
実績を生かして、子どもの創造力や挑戦心を伸ばすぐちゃぐちゃ遊びを日本全国に広めている。また、親子教室・保育士などのためにママと小さい子どもの信頼関係のつくり方講座やママ向けに子育てセミナー(親子の遊び方講座・外遊び講座・絵本講座・イヤイヤ期講座・褒め方叱り方講座)を全国で行っている。