認定ぐちゃぐちゃ遊び講座 対面とオンラインの違いは?

●認定ぐちゃぐちゃ遊び講座 対面とオンラインの違いは?

こんにちは。日本乳幼児遊び教育協会の会田です。

当協会では、ぐちゃぐちゃ遊び認定講座を対面とオンラインで行っています。

 

今日はこの違いについてご説明しますね

対面について

 

 

対面では、横浜市都筑区仲町台にあります当協会本部に6日間来ていただきます。

毎回9時半~15時ころまで。

プログラムを実際に行っていただきますが、受講生とともにグループになって先生役・生徒役を行っていただきます。

内、1日は本店ぐちゃラボの実習があります。

朝の準備から片付けまで実際にどのように行っているのか

生徒さんにどのように講師が接しているのかを見ることができます。

 

 

オンラインについて

オンラインの場合は、毎回9時半~13時頃までとなっています。

オンラインの場合は、各自で場所を用意していただき、

事前に課題を行っていただいたものを動画で提出。

講座内で解説という流れになります。

認定試験のときにはご自身で集客していただく形になります。

【遠方(福島県)から対面を選ばれたちぃ先生の認定講座のご感想】

ちぃ先生は福島県から本部まで通って、こんなブログを書いてくださってましたのでご紹介します。

まずはほっと一安心しているところです。

この4日間を終えてようやく認定試験に進めるからです。

 

宿題や課題はたくさん出ますし、苦手なこともやらなければなりません。(私は文章を作ったりパソコンが苦手です。なのでとても時間がかかりました(>_<))

でもここでやらないまま終わっていたら、どれもきっとやらないまま。ここでの経験は必ず生きてくる!そう確信できるくらい充実した内容でした。

 

今までオンライン受講を選んでいましたが、あいさんに直接お会いできたのも大きかったかな・・・

もしも距離的に行けるのなら、こちらの認定講座は断然オンラインではなく対面での受講をオススメします。

といってもこのご時世ですから、強くはすすめられないのが残念なところではありますが(*_*)

====

実習では、実習生として実際にあいさんの教室を見学できます。この時間はかなり貴重!あいさんのスムーズな進行や気配りに感心するばかりです。

全文はこちらから

 

【オンラインで受講された方からのご感想】

次にオンラインで受講された方からのご感想を紹介します

 ぐちゃぐちゃ遊び認定講座6期生からのご感想を抜粋

 

今回はオンラインでの講座でしたが、何度も撮影をして自分の良かったところ・改善すべき点に気付くことができましたし、他の方の動画をみて学ぶこともたくさんありました。

実技の動画をはじめて撮る時は、流れがわからず、手探り状態でとでも不安な気持ちで撮影しましたが、何度も練習・撮影を繰り返すうちに徐々に流れが分かり、自信へと繋がっていきました。

 

実技の講座がオンラインとなり、

申し込み時は、オンラインで本当に学べるのかなぁ? やっぱりリアルの方が…と、ずっと本当ぎりぎりまで迷っていましたが、

講座を全て終えてみて、
・動画を何度も見返す事が出来る
・自分の動きを客観的に見れる
・養生や準備など、これから自分が行う所でできる
・モニターさんを自分で募集をかけるので、集客の練習にもなる

・なにより、全国各地の同期メンバーと出会えた!

遠方で、オンラインでの受講を迷っている方がいらしたら、大丈夫!と心から言いたいです。

 

さすがに横浜へはなかなか行けないよな~と思っていたところのオンライン開催!

あいさん環境を作ってくださって本当にありがとうございます。

オンラインだからこそ得ることも沢山あったと思います。

養生するのも、実際にレッスンを開催する場所でできると、養生の仕方のコツも分かったり、認定試験の生徒さんを自分で実際に集めることで、集客の練習になったり、動画を何度も撮影して見直すことで、自分の改善点を見つけられたり、子ども家族を巻き込んで一緒にぐちゃぐちゃ遊びを楽しめたり、オンラインだからこそ九州の私も学ばせていただくことができました。

 

 

以上、簡単にですが認定講座の対面とオンラインの違いのご紹介でした^^

それぞれメリット・デメリットがありますのでご自身にあわせてお選びくださいね。

 

 

日本乳幼児遊び教育協会(ぐちゃぐちゃ遊び考案者)代表 会田夏帆の公式LINE

最新情報はこちらに届きます。
登録してもこちらには通知されずどなたか登録したかわかりませんので
お気軽にご登録くださいね。

友だち追加

http://nav.cx/cerFXsC



WRITER

 会田夏帆(あいだなつほ)
 会田夏帆(あいだなつほ)乳幼児教育専門家
日本乳幼児遊び教育協会 代表
ぐちゃぐちゃ遊び 考案

発達心理学・幼児教育に基づき造形遊びを軸とした『ぐちゃぐちゃ遊び』考案し、横浜市でぐちゃぐちゃ遊びの親子教室を開講。
年間1500組の親子が集まり、入会まで1年待ちの人気教室に成長。
実績を生かして、子どもの創造力や挑戦心を伸ばすぐちゃぐちゃ遊びを日本全国に広めている。また、親子教室・保育士などのためにママと小さい子どもの信頼関係のつくり方講座やママ向けに子育てセミナー(親子の遊び方講座・外遊び講座・絵本講座・イヤイヤ期講座・褒め方叱り方講座)を全国で行っている。