●世界が注目する『STEAM教育』

 

STEM教育からSTEAM教育へ

皆さんは「STEM教育」という言葉は聞いたことがありますか?

2013年にオバマ大統領がアメリカの重要な国家戦略として、STEM教育を支援すると演説をしました。

STEMというのは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)の頭文字をとったものです。

主に理数系の科目と実学スキルの向上を目的とした教育アプローチでした。

 

しかし、近年ここに「Art」が加わり「STEAM教育」が重要だと言われています。

AIの進化によって社会の在り方が変わり、求められる能力が変わってきました。

そうした時代を生き抜くためには、“AIを使いこなす能力”だけではなく、“人間ならではの感性”が求められるようになっています。

 

例えば、アップル社のMac。

創業者スティーブ・ジョブスがデザインに非常にこだわり、

Windowsにはない美しいフォントを取り入れ

丸みを帯びた今までにないデザインのパソコンを作り上げました。

そのことによって多くのファンを獲得し、巨大企業に成長し、今でもアップル社が新製品を販売するときにはアップル販売店の前に行列ができます。

 

「機能」では、各企業による差がうまれなくなっている情報社会の現代において

人間的感性であるARTの分野が非常に注目を集めています。

 

6歳までのART教育とは?ー美術や図工ではないARTー

ARTと言われると、美術・芸術、または小学校の図工をイメージされるかもしれません。

しかし、未就学児においてARTとは、五感で感じることです。

五感への刺激は、外の世界の出来事を繊細に感じ取り、感性が豊かになります。

特に、感覚に関しては幼少期までにほぼ決まってしまうと言われているため、この時期に五感への刺激は欠かせません。

 

 

五感への刺激を通じて、外の世界への興味を広げた子どもたちは

多くの「なぜ?」「どうして?」に出会います。

 

この「なぜ?」「どうして?」という発見と表現を大切にするのがARTです。

 

 

STEMとAの融合

 

乳幼児期に「なぜ?」「どうして?」という感性を養った子どもたちは、その後試行錯誤を繰り返しながら、行動を繰り返し、「学び」を得ていきます。

発見と表現がARTであり、そこから探究し、作業し、落とし込んでいくのがSTEMです。

 

STEAMのどれかが大切なわけではありません。

全て人生の学びとして大切ですが、

乳幼児期に出会うべきは、学びのスタート地点となる「ART」です。

 

乳幼児専門アート教育『ぐちゃぐちゃ遊び』とは

乳幼児期に出会うべきART教育を専門で行っているのが『ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室』です。

ぐちゃぐちゃ遊びとは、絵の具や粉、新聞紙などをダイナミックに使って五感を刺激しながら感性や意欲を育む

「アート」と「乳幼児教育」と「遊び」を融合した新しい教育法です。

 

ただ、遊ぶだけではない。

机でお勉強するわけでもない。

美しさと楽しさ

そして、教育要素をふんだんに取り込んだプログラムです。

 

 

あなたも乳幼児期に子どもの感性を思う存分伸ばし、

世界で活躍する子どもに育てませんか?

 

ぐちゃぐちゃ遊びは日本全国で行うことができます。あなたの近くの教室はこちらから探してみてください。

 

 

 

日本乳幼児遊び教育協会(ぐちゃぐちゃ遊び考案者)代表 会田夏帆の公式LINE

最新情報はこちらに届きます。
登録してもこちらには通知されずどなたか登録したかわかりませんので
お気軽にご登録くださいね。

友だち追加

http://nav.cx/cerFXsC



WRITER

 会田夏帆(あいだなつほ)
 会田夏帆(あいだなつほ)乳幼児教育専門家
日本乳幼児遊び教育協会 代表
ぐちゃぐちゃ遊び 考案

発達心理学・幼児教育に基づき造形遊びを軸とした『ぐちゃぐちゃ遊び』考案し、横浜市でぐちゃぐちゃ遊びの親子教室を開講。
年間1500組の親子が集まり、入会まで1年待ちの人気教室に成長。
実績を生かして、子どもの創造力や挑戦心を伸ばすぐちゃぐちゃ遊びを日本全国に広めている。また、親子教室・保育士などのためにママと小さい子どもの信頼関係のつくり方講座やママ向けに子育てセミナー(親子の遊び方講座・外遊び講座・絵本講座・イヤイヤ期講座・褒め方叱り方講座)を全国で行っている。