●乳幼児期は失敗期

こんにちは。乳幼児専門の造形あそび教室 ぐちゃラボの会田です。

 

 

突然ですが、

 

乳幼児期は、失敗期です。

 

 

例えば、私はテニスが好きなので、テニスの試合で例えましょう。

 

テニスの試合は勝ちたいですね^^

 

さて、試合で勝つために、なにが必要か?

 

というと、もちろん練習が必要です。

 

 

じゃあ練習のときになにが必要か?というと、

 

たくさん失敗しながら、うまく打てるようになることが大切です。

 

 

テニスは、打つ範囲が決まってて、パッと見は広く見えると思うんですが、ラケットで打つと結構簡単にアウトします。

 

でも、「ちゃんと入るように」と最初から打ってると、いつまでもうまくならないんです。

 

アウトしても良いから、しっかりラケットを振り抜いて打つ。

 

この練習をしている人がうまくなります。

 

最初から「あの中に入れないと」と思って、打ってる人はうまくならないんです。

 

 

練習のときに、たくさんたくさん失敗していく中で、どうやって打つのかを身に着けていきます。

 

そして、試合で成功するんですね^^

 

 

 

さて、人生で考えると・・・

 

社会人は、試合みたいなものです。

 

「結果」が求められる時期ですね。

 

 

でも、学生は違います。

 

基本的には「練習」(努力)が求められる時期なんです。

 

 

さらに言えば、小さければ小さいほど、練習の時期になります。

 

乳幼児期に、成功・成果を求めてませんか?

 

 

人生の1番最初のこの時期こそ、たくさん失敗させてあげてください。

 

失敗をたくさんして、その失敗から学ぶことがもっともっとたくさんあります。

 

常に、成功しよう、うまくやろうとしているうちは、意外とあんまり成長しません。

(その場では、うまくやったという感じにはなりますが)

 

 

お子さんの失敗を、肯定的に見ていきたいですね^^

 

 

【関連記事】

楽しい!の感度は人によって異なります。乳幼児期から楽しむクセを!

おうちでできるモンテッソーリ教育

日本乳幼児遊び教育協会(ぐちゃぐちゃ遊び考案者)代表 会田夏帆の公式LINE

最新情報はこちらに届きます。
登録してもこちらには通知されずどなたか登録したかわかりませんので
お気軽にご登録くださいね。

友だち追加

http://nav.cx/cerFXsC



WRITER

 会田夏帆(あいだなつほ)
 会田夏帆(あいだなつほ)乳幼児教育専門家
日本乳幼児遊び教育協会 代表
ぐちゃぐちゃ遊び 考案

発達心理学・幼児教育に基づき造形遊びを軸とした『ぐちゃぐちゃ遊び』考案し、横浜市でぐちゃぐちゃ遊びの親子教室を開講。
年間1500組の親子が集まり、入会まで1年待ちの人気教室に成長。
実績を生かして、子どもの創造力や挑戦心を伸ばすぐちゃぐちゃ遊びを日本全国に広めている。また、親子教室・保育士などのためにママと小さい子どもの信頼関係のつくり方講座やママ向けに子育てセミナー(親子の遊び方講座・外遊び講座・絵本講座・イヤイヤ期講座・褒め方叱り方講座)を全国で行っている。