横浜市都筑区の0~3歳対象親子教室。絵の具・小麦粉粘土・新聞紙などを使いダイナミックに遊ぶぐちゃぐちゃ遊びで、をぐんぐん伸ばします

ぐちゃラボ代表/親子教室講師・ベビー系講師の先生 会田夏帆(あいだなつほ)のプロフフィール

  • HOME »
  • ぐちゃラボ代表/親子教室講師・ベビー系講師の先生 会田夏帆(あいだなつほ)のプロフフィール

会田夏帆(あいだなつほ)のプロフィール

 

ぐちゃぐちゃ遊び®考案者

ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室 ぐちゃラボ主宰

親子教室講師・ベビー系講師の先生

乳幼児あそび教育専門家

 

『ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室 ぐちゃラボ』を始めたきっかけ

いまのお仕事をはじめたきっかけと経緯をお話しします♪

 

2008年 大学は幼児教育を専攻、卒業。でも就職先は金融のワケ

 

私は、大学で幼児教育を専攻しました。

実習なども行い『幼稚園教諭一種免許』を取得。

また、学科として『図書館司書』と『日本語教師』がとれましたので、授業を目一杯とってそれらの資格も取得。

最終的に124単位で卒業のところ160単位くらいとって卒業しました^^;

物覚えは悪いのですが、好きなこと・興味があることについて学ぶことは好きです^^

 

卒業後、全く異なる分野である証券会社の営業職に就職しました。

同じ大学からはほとんどの人が、幼児教育を専攻したあとは幼稚園の先生になっていました。

 

 

しかし、なぜ私が一般企業を選んだかと言うと1番大きな理由は

 

当時「先生は一般就職をしてないから世の中の常識がわかっていない」という風潮が強かったんです。

(先生に限らず、弁護士などもそのように言われていて、裁判員裁判制度がはじまったころですね)

 

たしかに「先生」というのをずっと続けるのもステキだけど、子どもを育てる保護者はいろんな企業に勤めている人たちなんだから、そんな保護者の考え方を知っておくには一般社会を知ってる方がいいのかも?と思い、

 

そのようなことを大人に相談すると

「新卒で一般企業にいって、そのあと幼稚園の先生になるのは幼稚園教諭の資格もあるしできると思うけど、

幼稚園の先生に新卒で就職して、そのあと分野が全く違う一般企業に就職するのは難しいと思う」

というアドバイスをもらったんです。

 

「新卒」というカードを最大限利用し、せっかくなら「大手」で「金融」という最も世間一般の流れに寄り添いやすいかな?というところから探して

ちょうど売り手市場という幸運にも恵まれ、分野が全く異なるにも関わらず、大手証券会社の地域総合職で入社しました。

仕事は主に飛び込み営業。

住宅街を片っ端からピンポンしていく主婦に嫌われがちなアレです^^;

大学4年の最後の半年は、全く金融の知識がない中で「証券外務員」の資格を一発合格しないといけなくて死ぬ気で勉強。(1回テストを受けると、その後受けられない期間があり、入社後に受けることになってしまう)

GWまでは研修をして、

夏は汗だくになりながらピンポンしていき・・・・そして秋、リーマンショック。

下がり続ける市場。

いろんな人に罵倒される日々。

そして、なにより社内では「こんな商品だれが買うの?」などと言ってる中で、笑顔で商品を言葉巧みに売っていくことに心身ともに消耗しました。

 

単純に、私は自分が良いと思わない商品を売るのが非常に苦手で、やりたくない。

ノルマ達成、営業成績至上主義のこの業界は向いてないなーとも思ってました^^;

 

同期の友人たちが面白く、また支店にいた窓口業務をされてた先輩方、1つ上の先輩が非常にやさしくて救われました。

あと、こんな市場でもお客様になってくださった方は、素敵な方ばかりでした。

 

が、2年半ほど勤めたあと、結婚、夫の転勤により退職。

全国展開している会社だったので、そちらに異動できたのですが、もうこの仕事は私に向いてない!と思い退職。

 

 

本当にキツイと思ってた仕事でしたが、この経験がいまのぐちゃラボには生きてると思いますので、記載しました^^

 

2011年&2013年 年子出産

2011年と2013年に1歳半歳の年子で子どもを出産しました。

ドタバタしてる日常でしたね^^;

 

2014年2月 子育てサークルひよこ工房を立ち上げる

2014年1月、我が子が2歳半、1歳になる直前くらい?かな。

横浜美術館で行われてる子どものアトリエ 親子のフリーゾーンというものに行ってみたんです。

土曜日開催だったので、うちの子も楽しそうではあったのですが

小学生がたくさんでちょっとこわい!💦

と思ってしまったんです。

 

でも、幼児教育を専攻していた私は、このようなダイナミックな遊びが子どもの発育に良いことを知ってました。

 

じゃあ自分でやっちゃえばいいんだ!!

 

と思ったのですが・・・。

 

 

でも、我が家は社宅^^;

夫にも「家で絵の具はちょっと...」と言われてまして。

 

だったらその当時、赤ちゃん会などでお世話になってた家の近くの地区センターが使えないのかな?と調べたり話をききに行くと

団体として登録したら使えるとのこと。

団体には複数名必要。

 

なるほど。

当時公園でよく一緒に遊んでいたママ友に声をかけて、団体登録。(今思えばあんな説明で協力してくれたママ友がすごすぎる。)

 

名前はいろいろ考えましたが

乳幼児向けの雑誌といえば「ひよこクラブ」

そして、NHKで放映されている「ひらめき工房」から名前をお借りしまして

「ひよこ工房」と名付けました。

良い名前だったと今でも思ってます^^笑。

 

地区センターを予約。

アドレス帳に名前が入ってるママ友に片っ端から一斉にメールしました。

 

ありがたいことにすぐに「おもしろそう!」と複数名のママたちが来てくれることに。

 

自分の家で開催3日前に練習したときの写真^^

 

そして、当日はママ友たちが10組ほど集まってくれて満席開催できました。

 

その後も、小麦粉粘土や新聞紙あそびなどを1回700円前後(材料費&場所代)で開催していました。

 

このあとは、ママ友たちが口コミで広げてくれて、ママ友がママ友を連れてきてくれたり

ブログも書いていたのでブログを読んだ見知らぬママも来てくれたり。

大盛況でした。

 

でも

 

はっきり申し上げて

 

赤字運営でした。

当日の場所代と材料費をいただいても、例えばボウルを購入したり、台車を購入したり、家での練習などをしてみたり・・・

厳しいものがありましたね^^;

ただ、我が子も一緒に参加していたので、赤字でも楽しければいいかなーと思って、そのまま続けていました。

外でもやったりしてましたよ^^

 

また、当時、都筑区内で「公園で遊ぼう」というのが区役所や子育て支援センターポポラさんが行っていたのですが・・・

仲町台では行われていなかった!!

 

じゃあ自分でやっちゃえばいいじゃん?(2回目)

と思い、家の近くの『うさぎ公園』を使いたいと思い、うさぎ公園愛護会に直談判して後援になっていただき

『うさぎ公園で遊ぼう』を開催することになりました。

この『うさぎ公園で遊ぼう』は現在でも年3,4回程度行っています。(詳しくはこちら

ひよこ工房の活動としてはこれだけになってますが、毎回地域の方を中心に40組程度の親子が集まる人気イベントです。

 

2016年 ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室ぐちゃラボ立ち上げ

 

2016年4月に下の子が幼稚園に入園。

そこまで赤字運営だったひよこ工房。

我が子もいないのに赤字での開催は厳しい^^;

でも、2年間のサークルを通して「ぐちゃぐちゃ遊びが乳幼児期には必要」ということがよくわかりました。

ダイナミックな遊びに喜んでる姿はもちろん

その感触を不思議そうに体験して、そして集中して取り組んでいく姿。

 

未就園児でもこんなに集中するんだ!そして、続けていくとどんどん成長するんだ!ということに何度も感動しました。

 

そこで、地区センターをお借りするのは卒業しまして、レンタルスペースを探しました。

とても幸運なことに地区センターのすぐ近くに、月ぎめで借りられるレンタルスペースを発見。

 

しかも、空手道場ということもあり、一言で言いますとちょっとボロイ^^;

壁に穴などが空いてました。

でも、絵の具を使いたいのでキレイなところではなく、ちょっと汚しても怒られないところを探していたので

まさに理想的な物件でした!!!!

しかも一部の荷物は置きっぱなしにしてOK!!

おかげさまで3年たったいまでもずっと使わせていただいてます。

 

無事場所も決まり、ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室がはじまりました。

 

2016年5月~ ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室ぐちゃラボ立ち上げから現在まで

 

ここまでぐちゃラボを立ち上げるところまでお話ししました^^

次は、立ち上げから現在までをお伝えしますね。

 

膨らんでいく赤字に廃業寸前?!

今までは700円程度だった活動が、1回3000円になるとのことで、ほとんどの方は離れていきました。

残ってくださった方には心より感謝しています。

 

 

そして新規募集。

立ち上げ当初は5組の親子が来てくれました。本当にありがとうございます!!!!!!

 

でも、レンタルスペース代によりサークル時代より

 

赤字が大幅に増大!!!!

 

開催すればするほど赤字になっていました。

 

 

人も来ないし、サークルのままやめちゃえばよかったかなー・・・なんて思ったりもしてましたが、

立ち上げる時に

「1人でも入ってくれたら、1年間は絶対続けよう」

と思っていました。

少なくても習い事として行う以上、年度末である次の3月までは絶対に続けよう、と。

 

この決意なくはじめていたら、1,2か月くらいで辞めちゃってたかも。

 

ひたすらママに寄り添い、そして勉強とブログ更新、メルマガ発行

 

この期間に行っていたことは

・通ってくださってるママたちとよく会話をすること

そして、

とにかく勉強を重ね

毎日ブログ更新。

メルマガも週3回程度発行していました。

そのほかにも試行錯誤していた時期ですね。

 

一気に効果が出たブログ

 

赤字でも続けていたところ、開業して半年をすぎた2016年秋頃から体験のお申し込みが徐々に増えていき、

2017年春ころには予約がいっぱいに。

 

2017年には全クラス満席になり、新規入会受付停止になりました。

 

最初の5名の方が、お友だちに勧めてくれて、いろんな方を連れてきてくれました。

 

 

そして、効果が大きかったのがブログです。

 

教室を開講する半年前から、丸1年ほぼ毎日欠かさずブログを書いていました。

 

そのブログを見て、お問合せが急増しました。

ちょうど書き始めて1年くらい。

教室開講から半年くらいのことです。

 

生徒さんが来なくても、コツコツ続けていたことが実を結んだときでした。

 

新幹線や高速道路で教室に来てくれる方が続出

生徒さんのお知り合いの方がオススメしてくださったり、

ブログを見て、

新幹線や高速道路を使って、

大阪・三重・京都・静岡・群馬・愛知・・・・などなど

日本全国から生徒さんが来て下さるようになりました。

 

リピート率がキセキの100%!

教室開講して2年目→3年目の年度かわりに幼稚園に行く方や妊娠、引っ越しなどを除き

そのまま翌年度も受講の方が100%でした。

おかげさまで1年目は月4回だった教室が

3年目には月12日開催。

1回の生徒さんも12組。

単発イベントなどを行った月には、月のべ150組、

 

年間1200組の

 

生徒さんが集まるベビー系教室

 

になりました。

 

ぐちゃぐちゃ遊び講師養成講座(2018年3月~)

ぐちゃぐちゃ遊びは、私、会田夏帆の商標です。

私1人で開講していたぐちゃぐちゃ遊びの親子教室は、いまお伝えしたように未就園児と親が月150組集まるようになりました。

そして、教室は、現在約1年お待ちいただいてます。

 

でも、未就園児の時期は幼稚園に行く予定のお子さんでも3年。

育休中の方なら1年ほど。

「行きたかったけど、保育園に通うことになりました(T-T)」という声がたくさん届いています。

 

私だけではもう人数を受け入れきれない!

そして、日本全国にぐちゃぐちゃ遊びができる場所をつくりたい!!

この2つからぐちゃぐちゃ遊び講師養成講座を開講しました。

 

認定試験なども行いまして、少しずつ認定ぐちゃぐちゃ遊び講師が増えています。

 

 

東京都で開講中の方からは

・ぐちゃぐちゃ遊び教室 満席→キャンセル待ち続出のため増席で開催!

・別の市でもリクエスト開催

・希望者多数のため翌月にもリクエスト開催

・新クラスもお申し込みが続々と!!

という報告が届いたり

 

名古屋で2日間連続で開催された方からは

・2日間とも満席開催!

・別の県からも来てくれました!

・横浜は遠いから名古屋で開催してくれて良かった!と言ってもらった

という報告が届いてます^^

 

東京都西東京市、千葉県木更津市、愛知県名古屋市、

東京都江東区、横浜市戸塚区、長崎県大村市・・・・

 

少しずつ全国にぐちゃぐちゃ遊びを!の思いが実現されていています。

 

2018年10月~ プロフェッショナル親子教室講師養成講座 開講

 

この実績をブログなどに載せていたところ、

ベビー系教室をこれから開業を考えている方から、すでに何年も行っている方からも

「どうやってるんですか?」

というメールが届くようになりました。

 

しかし、一言でメールで「〇〇をしています」ということでもなく、いろんなことをしていてその結果だと思っているので

これだけお問合せもあるならこの機会に全てひっくるめて、講座にしちゃおう!と思いまして、

プロフェッショナル親子教室講師養成講座を開講。

1期では10名が修了しました。

10名の修了生のほとんどが、すでにベビー系のお教室を開講中だったり、

幼稚園の先生、保育士さん、小学校の先生をされていた方々ばかり。

 

来年からベビーサイン教室Coconはさらなるパワーアップを目指して、会田夏帆さんの元、ぐちゃラボのぐちゃぐちゃ遊び講師になるべく養成講座を受講しています。

講座の内容が素晴らしくて、ずっと受講していたぐらい充実しています。

 

ぐちゃラボの遊びでは、私が大切にしたいと思っているダイナミックな感覚入力を遊びとしてたくさん取り入れています。

楽しいだけではなく、心が解放される、そんな遊びがここにはあります。

何よりママも無心で楽しめる♪

来年からベビーサイン教室Coconでも、そんな遊びをたくさん提供致します。

 

楽しかった!本当に楽しすぎましたー!(o^^o)

(中略)

同期の皆さんと、それぞれが持つ知識や想いを共有し合えたことで、新たな気づきや学びもたくさんありました。
同期の存在は、励みにもなりましたし、お互いを高め合っていけるような関係を築けたのが嬉しかったです。

(中略)

知識や情報を、惜しみなくくださる あいさん。

お、ねだん以上の講座です!間違いなく!!

 

「この情報、
本当にいただいていいんですかっ!?」って、思わず聞いてしまいましたー!
会田夏帆先生の【親子教室pro.講師養成講座】前職、子どもを相手にした理科実験講師をしていました。が・・・、ここまで考えて動いていたかというと・・・
反省すべき点が頭に浮かびました。子どもへの対応。
教材を利用するときの注意。
そして、幼児教育や心理に関する書籍情報。

まんま記憶するのではなく、
自分の中で味わい噛みくだいて!

落とし込みます!

最後は、やっぱり心がトキメク♡
ぐちゃぐちゃ遊び!

【楽しい】だけでなく【美しい】。
そんな気持ちになる遊びでした。

同期の方が繰り返し言っていたけれど、

「あいさん、すごいっ!」

もう、この言葉しか出ないほど・・・
うん!「あいさん!すごいっ!」

あいさんの講座に参加できて、
幸せです!!

 

こんなご感想をいただきました^^

また、こちらの講座を受講後にこちらの講座で学んだ内容を生かした絵の具遊びなどを開講された方は

 

戸塚で開催予定の方からは

・2日間とも満席になりました!

東京都で新規サークルを立ち上げた方からも

・満席になり、増席受付中です!

などなどの報告が届いてます^^

 

とっても嬉しいです!!!!

 

私が講座や教室に対して行っていること

 

私は、ママたちにも、子どもたちにも、そして先生たちにも「自分らしく生きる」ことを応援しています。

子育て中のママたちは「もっとぐちゃぐちゃ遊びをさせてあげたいな」と思っていたり、子どもたちもいろんな「やりたい!」を持っています。

それをかなえられる場所としてぐちゃぐちゃ遊びがあります。

 

そして、先生たちもご自身がやりたいことがあると思います。

でも、なかなか生徒さんを集められない。

そうすると私が赤字で廃業しようと思っていたように、やりたいことがあっても生徒さんが集められないと続けられないことがたくさんあります。

必要なのは「知識」とちょっとした「コツ」です。

 

私自身は、全くカリスマ性などを持っていません

 

面白さもないですし、変なことをしたりもしません。

「先生が(良い意味で)普通でびっくりしました」

なんて生徒さんから言われるくらいです^^;

つまり、私のような結果は「だれでもできる」んです。

 

私の夢

ママたちが「教室に通って、子育てが楽しくなった」「子どもがこんな笑顔で過ごしているのが嬉しい」そんな声がとても嬉しいです。

そして、今は講師養成講座の生徒さんが、ママたちからこんな声が届いた!と言われることがとてもとても嬉しいです!!

 

日本全国に笑顔で自分らしく

 

過ごせる人たちを増やしたい!

 

そんな夢があります^^

 

 

パパママ子ども、そして先生たちも含めてみんなが笑顔で自分らしく生きられるようなお手伝いがしていきたいと思っています。

 

そのため日本全国各地でぐちゃぐちゃ遊びに限らず、子育て講座なども出張していますので、いつでもご用命ください^^

 

 

私のプチ情報

会田夏帆(あいだなつほ)

◆1985年生まれ 三姉妹の長女です。

◆東京都出身ですが、中高大学、就職先の支店まで神奈川、そしてただいま神奈川県在住のため神奈川県にいる時間が1番長い。

◆小学校6年間で2回転校。小2~小5でいた仙台市が大好き。

◆中高では硬式テニス部。大学ではテニスサークル所属。

◆大学は幼児教育専攻。

◆6歳のときに卵巣嚢腫により卵巣を片方摘出。

もし再発したら出産ができなくなる!と言われて育ったため、ずっと「はやく結婚して子どもがほしい」と思い、24歳で結婚。25歳で出産。

こんな状況で同い年だった彼氏が理解してくれ、24歳(当時大学院生)でしたが結婚してくれたことに感謝しかなく、夫LOVEです。

◆と言いつつ、家事は思いっきり苦手です。

◆2011年生まれと2013年生まれの子どもがいます。1年半差の学年年子です。

◆好きなこと:読書

学生時代は小説を読み始めると授業そっちのけ、睡眠不足になるまで読み続けてしまっていた。

そのため出産してからは寝ないと子育ての上でとても危ないので封印。

現在は、教育関連本とビジネス書をよく読むが、少しずつ小説も復活させたいと思っています。

◆座右の銘:あなたが生まれたとき あなたは泣いて、まわりの人は笑っていたでしょう。

あなたが死ぬときは あなたが笑っていて まわりの人が泣いている

そんな人生を歩みなさい。

 

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.