【さいたま市浦和区】子供の夢とママの願いを叶えて、幸せの輪が広がる親子教室/覚幸瑞穂

●【さいたま市浦和区】子供の夢とママの願いを叶えて、幸せの輪が広がる親子教室/覚幸瑞穂

 

Profile

覚幸瑞穂(かくこうみずほ)

活動拠点:埼玉県さいたま市浦和区岸町7−6−5(浦和駅:JR京浜東北線・宇都宮線・高崎線・湘南新宿ライン)

HP:ぐちゃぐちゃ遊び®の親子教室 未来あそびラボ https://mirai-asobi.com/

Instagram: https://www.instagram.com/mirai_asobi_lab/

公式LINE(最新情報はこちら):https://lin.ee/E54Raun

Message

ご覧いただき有難うございます。

初めまして、こんにちは、ぐちゃぐちゃ遊び®の親子教室・未来あそびラボの覚幸瑞穂(かくこうみずほ)です。

埼玉県さいたま市浦和区にて0歳〜3歳の親子教室を開いております。

歌を歌うことが大好きな2歳の女の子がいます♫

私が、ぐちゃぐちゃ遊びの認定講師を目指し、親子教室を開こう!とまで決意したのには、自分の出産〜産後の経験が大きく影響を与えました。

出産の際、骨盤の大きさと娘の頭蓋骨のサイズが合わず、会陰切開と吸引分娩を行いました。

その際に、恥骨骨折となりましたが、ギブス固定が出来る部位ではなく、完全母乳でしたので痛み止めを処方してもらうことも出来ませんでした。

産後2ヶ月は痛みでまともに座れず、立ったまま食事をしていたり、立ったまま授乳をすることも・・・。

いま思うと危険過ぎます・・・でも、そのときは「私がこの子を生かすんだ!」と使命感に追われ、ただただ必死でした。

恥骨の痛みが引いたすぐ後からは、母乳トラブルに見舞われました。

断乳するまで、22回(数えていました😭)も乳腺が詰まり、しこりが出来、その痛みで泣く娘を抱っこする事ができず、2人で泣くという日々が続きました。

朝起きて1番にするのが、泣いている娘の横で、胸にしこりがないかを触って確認し、しこりがあれば、その胸から授乳するという作業。

しこりがある時には飲ませる向きにコツが要り、他所様には見せられないような体勢で授乳することも、しばしば。
赤ちゃんと見つめ合いながらの幸せな授乳生活・・・は、私には遠い幻でした。

赤ちゃんが生まれて幸せなはずの日々が、もう、それはそれは荒んだ日々でした。

そんな状況だったので、なかなか頻繁に外出することも出来ず、娘が0歳の頃は、日中泣いてばかりの娘と、2人きりで家にいる事が、とても辛く、心細さや、孤独・漠然とした不安を感じることもありました。

そんな時には、ただただ誰か大人と話がしたい!と思っていました。

仕事が忙しい時期が重なっていたにも関わらず、夜中の授乳に付き添って、おむつ替えをしてくれた主人や、様子を見に来てくれる長年の友達・実母・父の存在は、私の精神的な心の支えでした。

絶対にぜっーたいに、1人じゃ乗り超えられませんでした!

その後、娘が良く動くようになり、お散歩をともにする喜びを噛み締めていましたが、

・公園で靴を脱いだ娘。

そのまま裸足で遊ばせていたら「石があって痛いよ。怪我をしたらどうするの?」と声を掛けられることがあり、居づらくなって公園を変えることがありました。

・雨が降った翌日、大きな水たまりにバッシャーンと飛び込む娘。

横を通りかかった2歳くらいの男の子がビッショリ濡れている娘を見て「ぼくも〜!」と言って水溜りに飛び込もうとするのを全力で止めるママ。

「靴が汚れるからダメ!!」と言って、その子の腕を強く引っ張り歩いていきながら「どうして、あんな事させるのかな?うちの子もやりたがるから困る」と話す声が小さく聞こえたりも・・・。

娘が水溜りに思いっきり飛び込むことが、他のママにとっては迷惑なのかな?と、大人の視線が気になるようになっていきました。

そして、、運命の出会い・・・!

と言ったら大袈裟に聞こえるかも知れませんが、私の人生にとって「会田夏帆先生の自分らしく生きる、ぐちゃぐちゃ遊び」との出会いは必然だったと確信しています。

あいさんのぐちゃぐちゃ遊びの考え方や、子育てのゴールとは?といった学びが、私の中に、すっと自然に馴染んでいくのを講座が進む度に感じていました。

頭の中で漠然としていた考えが、あいさんの的確な言葉を得て、自分の心の中に根付き、形造っていこうとしているのを、ひしひしと感じました。

講座は、課題もどっさり・筆記試験もあり、優しい講座とはいい難い(あいさんの熱量に応える、それなりの熱意が生徒にも必要!と感じました)ですが、

「学び」が本当に楽しくて、毎回ワクワクしていました。

私にとって初めての育児の始まり方は、試練の連続だったのですが、その試練は、あいさんのぐちゃぐちゃ遊びを学びたい!学ぼう!という行動への原動力になったと、今ではそう思えます!

そして、
自分の実体験から、私は未来あそびラボが、子供だけではなく(特に)ママにとっても、居心地の良い居場所になるような場にしていきます!

ぐちゃぐちゃ遊び®は、1つの手段かもしれませんが、私は自分の教室に来てくれる親子さん達に幸せでいて欲しいと願っています。

そして、未来あそびラボ・ぐちゃぐちゃ遊び®を通して、幸せの和を広げていきたいと考えています。

皆様とお会い出来る日を楽しみにしています♫

最後までご覧頂き有難うございます。

どうぞよろしくお願い致します!

みずほ先生が開講するぐちゃぐちゃ遊びの親子教室のご感想

 

 

みずほ先生
楽しい時間をありがとうございました^^入り口に入る瞬間にみずほ先生が出迎えてくれて、丁寧に挨拶をしてくださり、とても丁寧な方なんだなと印象を受けました。息子もみずほ先生の優しい雰囲気にすぐ馴染んで、画用紙の上を寝っ転がったり、はしゃいだりしていました!

遊びが始まると、みずほ先生の誘導から真剣に絵本の世界に入り、遊びへとスムーズな流れだったのであっという間に時間が過ぎていました。

息子が最初雨を降らす時もすぐひっくり返したい!という息子の気持ちを尊重して、「水たまりができたね~」と声をかけてくださり、

私も息子のことを尊重できましたし、息子自身もとても嬉しかったのか笑顔で水たまりをびしゃびしゃ踏んでいましたね。笑

スタンプも雪だから、と1つの表現だけでなく、たくさんのスタンプの種類や表現で雪の結晶ができ、とても綺麗だなと思いました。

最後の動物さんの足跡かわいいなーって私がとてもハマってしまっていました。笑

息子はなんだか絵の具の感触がとても気持ち良かったのか、

(絵の具の感触がいつもと違うような感じがしたのですが、そこまで工夫がされていたのですか?すごい!)

顔にまで初めて塗り塗りし始めて、そういう姿もみずほ先生だからこそでた息子のやりたい!という表現だったのだなって思います^^

先生によっても息子の表現も変わるので面白いですね
親子共々、とても楽しい時間で、幸せな時間を過ごすことができました。

ありがとうございました^^

これからのご活躍期待しております!!

*感想に書き忘れてしまったと、わざわざ後日ご連絡くださいました(^^)ご丁寧に有難うございます!

名札も息子も先生と同じ!というのでとても気に入っていた様子でしたし、私自身も嬉しかったです!

そして、帰りも今日楽しかったね〜なんて言ったら、ぺったん!(手形を押したこと)とかばしゃー!(足で水たまりを踏んだこと)とかが本人は楽しかったようで、ニコニコで話してくれました^^

ゆりさん・1歳11ヶ月男の子ママ

 

今日はありがとうございました!

とても優しそうなふんわりした雰囲気の先生で、子供も私も最初から全く緊張せず教室に入れました。

先生の方が緊張されていた様子でしたが、内容は自然に、間違いなく行われていて戸惑うことはありませんでした。

また道具を出されて、子供が先生のものを取ってしまったときも、「みんな気になるよね~」と優しくみんなの分を出してくださいました。

時間内すべての場面で子供の気持ちに配慮してくださっていたのがありがたかったです。

子供はまだ10ヶ月なので、活動にしっかり参加とはいきませんでしたが、出される絵具や道具すべてに興味を示して手を出していました!

先日別件で行ったベビーマッサージとお遊びの時は半分くらいは興味を示さずウロウロしていた子が、今日はすべてに少しずつですが興味をもっていました!

私自身が汚れることに抵抗があったのですが、絵本の読み聞かせの後から、先生が絵具をポタポタ上から垂らして飛びまくりの状況をみて、ああ、この際ぐちゃぐちゃすべきだ!

と腹をくくれました。

どうぞ~とだけ絵具を出されてもそこまでぐちゃぐちゃできなさそうですが、最初から先生が飛ばしまくりだったので、いいんだ~と思えました。

あとは1歳の子が足でべちゃっと踏んだのを見て、やるなー私もやりたいなーと思えました。年齢にばらつきがあると遊び方が違って面白いですね。

自宅ではどうしても片付けのことを考えてしまいお風呂でもあんなにもべちゃべちゃぐちゃぐちゃにはできない気がするので、こんなお教室が近くにあったらいいなと思います。

今日は1時間半ほどかけて行きましたが、調布あたりにはまだぐちゃぐちゃの先生がいないようなので、もっと増えてくれたら通いやすくなるので教室が増えると嬉しいです!

色んな方の感想を読んだ時に、内容がすごく考えられていて~というのを読んだことがありましたが、こういうことだったのか、と納得しました。

今日は冬の季節を体感できるような内容。
ふゆの絵本を読み、その世界を自分たちの手で再現する!とっても素敵だな~と思いました。

小さい頃は絵本の世界に入ってみたい?入っているつもりだった?と思っていたことを思い出しました。

2歳くらいになれば絵本の世界観も伝わって、より楽しめるんじゃないかと思いました。

これからの時代、創造できるのが強いと言われますが、まさに、の内容。

楽しくイマジネーションを膨らませて自分だけの絵本の世界を創造できる素晴らしい空間でした。

児童館などで遊ぶのの100倍タメになる気がします!

りょうこさん・10ヶ月男の子ママ

 

はじめから最後まで、みずほ先生の優しい雰囲気や声かけに娘も安心して取り組めたようでした。

手に絵具がつくのが苦手で、少し遊ぶと『おしまい、手洗う』と言ってしまう娘ですが、

次から次へと新しい展開を用意してくれていたので、その度にやりたい!という気持ちがまた湧き上がり、

結果最後まで楽しむことができたので大変ありがたかったです。

目の前に絵具があり、それだけで好きなように遊べる子もいるとおもいますが、娘のように飽きやすかったり絵具に抵抗があるこどもにとって、

物語の導入や、遊び方の展開などをたくさん用意してくれる点は家では簡単にできることではないので、お教室ならではの素晴らしい魅力だなぁと感じました。

特に感動したところは、最後に“雪やこんこん”の歌をみなさんで歌ったのですが、歌詞にでてくることばをイラストで見せてくれたり“わたぼうし”の意味をわかりやすく説明してくれたり、

こどもにとって耳で聞くだけでなく目で見て知れるということはとても大きいと感じました。

帰り際、何度も何度も振り返ってみずほ先生に手を振っていた娘。

ギリギリまでずっとわたしたちを見てくれて手を振ってくださって先生の優しさを感じました。

この度は素敵な機会をありがとうございました*
みずほ先生のこれからのご活躍を応援しています。

はるこさん・2歳4ヶ月女の子ママ

 

 

ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室からオススメポイント

 

とても勉強熱心なみずほ先生。

当協会講座の筆記試験の一発合格率は約10%ですが、まさにみずほ先生が一発合格!!

認定試験にむけても繰り返し練習をされて、

これ以上ないくらい準備万端な準備で

保護者の方も子どもたちも大満足!!

全員ニコニコと帰られました。

と、いうとこわい人のようですが、全くそんなことはなくいつもニコニコとされたおだやかな雰囲気のとてもやさしい先生で

一緒にいると癒されそうです♪

保護者の方も育児相談などされても絶対に否定せずに、優しくこたえてくれること間違いなし!

話しを聞いてほしい!からダイナミックに遊びたい!までどんなときでもぜひさいたま市の方はみずほ先生の教室へ

 

みずほ先生のぐちゃぐちゃ遊びを申し込みたいと思ったら

こちらのページからお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本乳幼児遊び教育協会(ぐちゃぐちゃ遊び考案者)代表 会田夏帆の公式LINE

最新情報はこちらに届きます。
登録してもこちらには通知されずどなたか登録したかわかりませんので
お気軽にご登録くださいね。

友だち追加

http://nav.cx/cerFXsC



WRITER

 会田夏帆(あいだなつほ)
 会田夏帆(あいだなつほ)乳幼児教育専門家
日本乳幼児遊び教育協会 代表
ぐちゃぐちゃ遊び 考案

発達心理学・幼児教育に基づき造形遊びを軸とした『ぐちゃぐちゃ遊び』考案し、横浜市でぐちゃぐちゃ遊びの親子教室を開講。
年間1500組の親子が集まり、入会まで1年待ちの人気教室に成長。
実績を生かして、子どもの創造力や挑戦心を伸ばすぐちゃぐちゃ遊びを日本全国に広めている。また、親子教室・保育士などのためにママと小さい子どもの信頼関係のつくり方講座やママ向けに子育てセミナー(親子の遊び方講座・外遊び講座・絵本講座・イヤイヤ期講座・褒め方叱り方講座)を全国で行っている。