●免疫力をあげる1番の方法とは(風邪をひかない健康で丈夫な身体をつくるために3歳までに親が行いたいこと⑤)

こんにちは。乳幼児専門の造形あそび教室ぐちゃラボの会田です。

 

連続記事でお送りしております『風邪をひかない健康で丈夫な身体をつくるために3歳までに親が行いたい事』

【1】風邪をひかない2つの方法

【2】着れば着るほど風邪をひく?!薄着にして子どもの免疫力を高めよう!

【3】免疫力が高まる睡眠のコツ

【4】風邪をひきにくくなる食事がある!!

そして、今日は『免疫力をあげる1番の方法とは』です。

免疫力をあげる1番の方法は、病気になること

子どもが風邪になると「かわいそう」と思ったり、いつもよりもたくさん泣いて、甘えるため親も「大変すぎる」「病気になんかならないでほしい」と思ってしまいます。

親は、子どもの風邪を防ごうとしますし、もし風邪をひいても早く治そうと思うこともあると思います。

 

しかし、子どもの身体のことを考えると、風邪をひくことは決して悪い事ではありません。

鼻水が出るということは、子どもの身体の中の免疫力がしっかり機能し、ウイルスを体外に排出しようとしているためです。

発熱などもそうですね。

 

しかし、早く治そうとこれを薬で止めてしまうことは、ウイルスが体内に残ってしまう可能性やせっかく戦っていた免疫力の力を弱めてしまうことに繋がります。

 

免疫力をつけるために1番よい方法は、病気になることなんです。

ほとんどの子どもは、風邪をひいても、良く寝て、食べられるときは食べていれば、自然と治っていきます。

その子どもが本来持っている免疫力を信じて、見守ることはとても大切な事です。

 

病院には行く?行かない?

 

そうなると気になるのは、じゃあ小児科などには行かなくていいの?ということ。

見てほしいポイントは

・子どもの機嫌が良い?悪い?

・食欲はある?ない?

などです。

熱があったり、鼻水や咳がでていても、機嫌がよく、よく食べる(いつも通り食べる)場合は、少し様子を見てても良いでしょう。

でも、いつもと違うな?と思ったら病院に行ってくださいね。

また、ケガなどの事故の場合は、機嫌が良くてもすぐ病院へ!

 

子どもを普段からよく見る

子どもの丈夫な身体は、親が普段から子どもをよく見ることから始まります。

例えば、薄着をしましょう!と言っても、子どもによってどれくらいの枚数が良いかは異なります。

真冬でも半袖短パンでも大丈夫な子もいますが、いくら薄着が良いと言ってもそこまでは寒すぎる!というお子さんがほとんどだと思います。

 

適切な睡眠時間やリズムも子どもによって異なります。

 

また、平熱を把握しておくことも子どもの体調変化に気が付きやすくなります。

 

一般論だけではなく、お子さんをよく見て、お子さんにあわせた子育てをすることが、子どもの力をより高めていきます。

 

親はゆったりと子育てを

普段のお子さんの様子を知っていること。

その上で、まわりと比べたり、過剰な心配をしたり、保護をしようとしないことが、子どもを丈夫な身体へと導きます。

 

まわりと比べると「あの子はもっと厚着をしているから、うちの子もやっぱりもう1枚着せたほうが良いかしら?」

「あの子はあんなにたくさん食べるのに、うちの子は少食だわ。(無理にたくさん食べさせることは胃腸の負担に)」

と子どもにあった子育てができなくなります。それは子どもの身体にとって負担に繋がります。

 

子どもの身体には、それぞれの個性があり、1人1人大きく異なります。

 

また、過剰に心配したり、保護しようとしないことも大切です。

過剰に心配をして、外遊びをするときに動きを制限しすぎてしまったり、やはり厚着をさせてしまったり、あれも危ない、これも危ないといろんなものから遠ざけてしまっていたりします。

 

大丈夫!

子どもは生きる力を持っています。

免疫力と同じで、保護しようとすればするだけ、自分を守る力が失われていきます。

 

子どもを信じて、見守る。

これはとても大切なことです。

 

 

この冬は風邪をひくかもしれません。

でもこの冬に風邪をひかさないように努力するよりも、

将来的に風邪をひきにくい丈夫な身体を手に入れることのほうが、きっと子どもの生きる財産になります。

 

風邪をひいても大丈夫!それがより丈夫な身体を作るんだよ!

 

そうお子さんに笑顔で言ってあげてください^^

免疫力は、笑顔でも上がるそうですよ♪

 

風邪をひいてても、ひいてなくても、笑顔で過ごしていくこと。

それが健康ということではないでしょうか?

 

みなさんも健康な日々を過ごしてくださいね^^

 

以上で「風邪をひかない健康で丈夫な身体をつくるために3歳までに親が行いたいこと」もおしまいです。

ありがとうございました。

 

 

【関連記事】

子どもの睡眠負債を解消しよう

運動神経の良い子どもを育てたい!知っておきたい5つのこと

本好きな子が育つ 絵本の選び方・読み方

 

 

【子育てのヒントも届く!ぐちゃラボがちょっとでも気になったらまずはぐちゃラボメルマガに登録!】

WRITER

 会田夏帆(あいだなつほ)
 会田夏帆(あいだなつほ)乳幼児あそび教育専門家
乳幼児の「あそびで育てる子育て」をサポートしています乳幼児あそび教育専門家の会田夏帆(あいだなつほ)です。
乳幼児対象のぐちゃぐちゃ遊びの親子・幼児教室を2016年5月横浜市で開講。
毎月130組の乳幼児と保護者が集まる親子教室講師として、親子教室・保育士などのためにママと小さい子どもの信頼関係をつくる講師養成講座も開講中。
ほかにもママ向けに子育てセミナー(親子の遊び方講座・外遊び講座・絵本講座・イヤイヤ期講座・褒め方叱り方講座)を全国で行っています。